妖しいクラスメイト

作者 無月兄

49

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

常人には見えないものが見えてしまう主人公五木麻里とクラスメイトの朝霧晴。ひょんなことから交流するようになった二人は秘密を共有し、次第に打ち解けていくが――?

丁寧な筆致と繊細な心理描写。なにより登場人物ひとりひとりがいきいきと『生きて』いて、彼らが背負う、おおきすぎる秘密と苦悩がリアルに胸にせまります。もっともっと、いろんな方に読んでいただきたいと思う、素敵な物語でした。

★★★ Excellent!!!

面白くてどんどん読める良作品でした。

この世の中にはいろんな人がいて、みんな個性があり、違います。
「怪しいクラスメイト」は人と種類の違う存在が交流するお話ですが、私たちの日常生活に通じるものがありました。どんな違いがあっても、魂は同じ。誰もが心を持っています。仲良く生きていける可能性は沢山あるので、最初からあの人と私は違う、というふうに線引きをしてはもったいない。妖怪や半分妖怪の人も出てきますが、ヒューマンドラマと言えるでしょう。

★★★ Excellent!!!

お互い秘密を抱える主人公、五木麻里と朝霧晴。
二人は交流し合うなかでやがて秘密を共有し、心を通わせていきます。
しかし、彼には主人公にも言えないもっと大きな秘密があったのです――。

この作品には妖怪が出てきます。
妖怪は空想上の生き物ですが、描写が巧みで、戦う場面では躍動感があって伝わりやすく、作者様の想像力の豊かさ、確かさが実感されます。

また、この作品は心情の機微を丁寧に描き切っています。
明るい方にも暗い方にも揺れてしまう心のありようを見つめ、深く掘り下げていく中で、主人公は自分の本当の気持ちに気づいていく。
そうして吟味してたどり着いた想いだからこそ、尊いのだと思います。

エンターテインメントでありながら文学的な香りがただよう、素敵な作品でした。

★★★ Excellent!!!

あの有名アニメの聖地から送る、妖怪が見える主人公と、大きな秘密を抱えたクラスメイトの彼の物語。

本作は、圧倒的なリアリティの元で、主人公の忘れえぬ悲しい過去と後悔、彼の誰にも言えぬ秘密と苦悩について、読み易く丁寧に、時に容赦なく、読者に訴えかけるように描かれた素晴らしい作品だと感じました。

その描写からは、まさにエッセイのようなノンフィクション感が漂います。
日常の風景から、作中に登場する妖怪に至るまで、実に現実味に溢れている。
たぶん、この作者様も視える人だな。
そう感じさせる位、細部まで鮮明な映像が頭に浮かんできます。

前半は、ドキリとするような、普通の高校生の恋愛要素も取り入れつつ、面白おかしく進んでいきます。
それが、主人公の過去が明かされてからは一変。
後半は、妖怪と対峙する息を飲む展開や、彼の誰にも明かしたことのない秘密の発覚、さらには登場人物それぞれの思い、悩み、人生を突き付けられる重厚な内容となっています。

さて、ラストで主人公たちが出す答えとは? 選ぶ道は?
一緒に見守り、寄り添い、あなたがクラスメイトならどうするか、思いを馳せてみませんか?

★★★ Excellent!!!

最後がどうなるのか気になって一気に読了いたしました。

悩み多き思春期の登場人物たちの心情が丁寧に表されていると思いました。自分がその年頃だった頃を懐かしく思い出しながら読み進めました。かなり昔のことですから、もうそんな頃のこと忘却の彼方な私です。時々若い登場人物のお話を読むと、年でしょうか、ほろ苦い思いに浸れますね。

でも、妖怪が出てくるシーンは怖かった!読んでいるだけで怖く感じてしまうのです。(ホラー系苦手なものでして。)

最後は爽やかな読後感です。

皆さまも是非読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

 なんと、妖怪が見えてしまう五木麻里。でも、変人扱いされたなくて、それことを家族にもクラスのみんなにも黙っていた。
 普通を装って、普通に学園生活を送る彼女は、クラスの女子の噂で、朝霧晴の名前を耳にする。

 妖怪が見える!以外は、いたって普通の少女が主人公の物語。強くもないし、臆病だし、はっきりした主張もできない。そんな主人公と、ちょっと謎めいたクラスメート朝霧くんの物語です。

 とにかく前半の、学園生活と妖怪出現のバランスがいいです。決して妖怪退治やホラーに傾かず、丁寧な心理描写で五木麻里の学校での日常が描かれ、そこに唐突に姿を現す妖怪の怪異さときたら!


 物語は後半に入り、朝霧くんの秘密に触れ、クライマックスを迎えて一応の終局を迎えるのですが、この物語の本当のストーリーは、おそらくここから始まるのでしょう。
 そこはもちろん描かれていないのですが、きっとそうなんだろうなぁーと、読者に感じさせてラストを迎える読後感。

 まさにここから始まる物語だと思います。