ちょっくら離婚調停いってきます

作者 七津 十七

事実は小説より奇なり。ってこういうことか!!

  • ★★★ Excellent!!!

いやもう、まずはお疲れ様でした、と言いたくなるエッセイです(笑)
とにかく読んでみていただければわかると思うのですが、ええ!?マジ!?そんなことある!?ということの連続で……いやはや、これを乗り越え、いまを謳歌しておられる七津さんには頭が上がりませんね。素晴らしいです。
かくいう私も離婚経験こそないものの(どころか結婚すらしていないのですが)、なかなか「わ、わかる〜!」な部分も多くて、そしてそれをネタにしてしまおう……とつい考えてしまう創作脳を持つ者どうし、きっと深いところで通じ合えるわ……とかなんとか思ってしまいます。
そして、やっぱり創作やっててよかったな……という結論にたどり着いたり着かなかったりします。

なんかもう何がいいたいのかよくわからないレビューになっていますが、とりあえず、読んでみなよってことです。
小説しか読む気はない?ノンノン、そんなこと言わずに。
胸がギュッとなったり、切なくなったり、嬉しくなったり、熱くなったり……この作品は、感情表現が豊かな上にユーモア溢れる文章で綴られており、エッセイにとどまらない読み物としての魅力に溢れています。
そして読み終わったときにはたぶん、あなたの頭上にカラッと眩しい青空が広がっているはず。

勉強になるし共感できるし創作への愛も再認識できるし、当たり前の日常に感謝したくなるし大切なものをもっと大切にしようと思える。
そんな、素晴らしいエッセイです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

井中まちさんの他のおすすめレビュー 100