ちょっくら離婚調停いってきます

七津 十七

序章・そうだ、調停しよう

第1話 旦那が消えた日

詳しい日は書けないが、その日、息子が誕生した。

体重は2100g。低体重児だった。産前、成長が見込めないと言われ続け、病院に通いまくっていたのでわかっていた数字ではあったが、予想体重を大幅に下げて産まれた事にビビりつつも、無事産まれた事にほっとした。

息子をあれやこれやと調べて綺麗にしてもらった後、記念撮影をさせてもらい、即保育器に入れられあっという間にNICUへ。

あれ? 私、産んだよね??

なんて思ってしまうくらいあっという間に息子はいなくなった。


と、同時にいなくなった人がもう一名。


旦那である。


旦那。私の夫であり、婚姻を結んだ人であり、息子の父親である。


が、家に帰ってこなくなり、音信不通となった。

産んだ時にはいたのだが、産まれても喜ぶどころか、産後ハイで喜びはしゃぐ私に向かって「うるさい、黙れ」ときたもんだ。ハイである私は当時何も感じず「サーセンwwwww」と返したのだが、こうして思い出すと中々酷いもんである。私もサーセンって。マタニティハイを引きずっていた。


そして次の日、家からいなくなった。荷物もなければ何もない。本気で行方をくらましたのだ。


は? なんで????


誰もが思うだろう。

子どもは同意の上で作ったし二人とも早く欲しかった。ちゃんと話し合った結果の子どもだ。性別についても、どちらでもよいねと話し、私は男の子の名前を、旦那は女の子の名前を考えていた。


二人とも赤ちゃんを待ち望んでいたはずなのに、旦那は息子を見ようともしなかった。それどころか、いなくなってしまったのである……。


産前、お腹の中の赤ちゃんが成長せず、病院に通いまくったのだが原因はわからず。医者は首をひねり、障害が出るかもしれないと言った。

それについて夫婦で話し合ったのだが、その日から二人にズレが出てきたように思う。私は塞ぎ込む事が多くなり、旦那は帰ってこない日が度々あった。いよいよ予定日になっても、旦那は帰って来ない事は多くあった。


こ、このせいなのか!?

しかし息子に障害はなく、体重のみで至って健康。保育器は早々に出てコットの中で大きな声で泣いていた。

でも、見に来ない。


――その後、病院中から離婚する間、そして現在に至るまで、旦那が息子を見る事は一度もなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます