穴から這い出て群がるもの、引き摺り込むもの

作者 アイオイ アクト

254

93人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 前半と後半で、色合いの変化を意識した演出が物語を映像的に魅せてくれている。

 簡潔で読みやすい文章でありながら、粋な演出まで入れる姿勢に、作者の遊び心が垣間見えた気がした。

 黒の景色に浮かんだ異質な赤。それは物語の景色を侵食し、圧倒的な存在感を放つ。
 しかし、「私」の目の前に広がる底知れぬ闇は、その赤をも塗りつぶす絶対的な黒。
 もし、その闇に引きずり込まれたら......

★★★ Excellent!!!

短編ながらもインパクトのあるホラー小説でございます。
得体の知れない非現実的な光景に常識とか現実とか全てが追い出され、残されるのは恐怖のみ。文章だからこそ想像しか出来ませんが、したらしたで読み手側に恐怖心が煽られ余計に集中してしまいました。
果たしてアレが何だったのかは分からず仕舞いでしたが、世の中には知らない方が幸せというものがあります。恐らく、この小説で語られたアレもその一つだったのかもしれませんね……。

★★★ Excellent!!!

皆さんに先に言っておきます。
この作者さん、本物です。
怖いもの苦手な人、絶対に『夜』に読まないで。


怖い話を誰かに語るとき、みんな「ちょっと」盛るんですよ。
ちょっと大袈裟に書いたり、その時の気持ちを演出したり、漫画なら周りを暗くしたり顔に縦筋入れたり冷や汗入れたり。
言葉で語る人もね、俯き加減でね、おどろおどろしく喋ったりね、山場で大きな声出したりね。


本物を何度も見てる人は盛りません。
盛る必要が無いんですよ、そのままで怖いから。
本人、一番怖い思いしてるんで、思い出すのも恐怖なんです。
盛る余裕がないってヤツです。
本物は淡々と語ります。
できればあれは幻覚だったことにしよう、精神の異常だったことにしよう、そういう意識が働きます。無かったことにしたいのです。

この作者さんの「怖い話」はどれを読んでも「ああ、この人本物だ」って思わせる怖さがある。
書いてる内容はめちゃくちゃで、普通に考えたら「そんなのありえないから」ってヤツなのに、凄まじいリアリティがある。

もう、怖くて座布団座れないじゃん。どうしてくれる。

★★★ Excellent!!!

アイオイアクトさんの身に起きたという出来事が淡々とつづられた文章からは、妙なリアルさを感じました。

お葬式で何の前触れもなく起きた不可解な出来事。夢でも見た、ただの勘違い、辻褄を合わせるだけなら何かしらの説明はつくかもしれませんが、恐らくどんな理屈を並べられても納得はできないでしょう。

結局真相は何だったのか、答えが分からない所が恐怖を引き立たせます。

★★★ Excellent!!!

線香の匂い、ベトベトした触感から、コツコツという音まで、五感をフル活用してしまうような恐怖があります。

なにより実体験だという前提から、正体を気にし始めると、出口のない恐怖に引き摺り込まれる方もいるかと思われます。

心して読んだほうがいいです。

★★★ Excellent!!!

作者様が幼い頃、親族の葬儀の場で体験した物語。

葬儀に来ている周りの子供たちは、なにも感じず遊んでいる中、作者様だけが見えてしまったもの、感じてしまったものがあります。

あれは結局なんだったのであろうか。
説明しようにも説明できない、ただ、身体には見える形として証拠がある。
記憶違いでは片付けられない何かが起こっていた。
何でも説明出来てしまえば、納得できるのですが、どうにも分からない状態。それが怖かったです。

作者様の語り口調で進むストーリーがより怖さを引き立てていました。

★★★ Excellent!!!

心底震えた。隣の部屋で家族が団らんしていたから良かったものの、とてもじゃないが夜に一人では読めない。

やはりお葬式というのは、何かしらの「霊障」が起きる場であるのかもしれませんね。

赤いヌメヌメの裸の子供をはじめとした怪異現象、そして得体の知れない親子など、結局あれはなんだったんだという説明のつかない不確かさがゾッとさせますね。これを稲川淳二さんが読んだら最恐だろうなぁ。

いやぁ、怖い怖い。
今日は洗髪中に頭上が気になりそうだ……。

★★ Very Good!!

 いわゆる「恐怖体験」を語る時、人は知らず知らずに饒舌に――つまり「話を盛り上げよう」と語り口や演出に凝ってしまいがちだ。
 しかし本作は、あくまでも筆者の実体験を、飾らず盛らず、ありのままが伝わるようにシンプルな語り口に徹している。
 そしてそれが逆に体験の「生々しさ」を読者に如実に伝える結果になっている……。

 飾らないからこその恐怖というものもあるのだな、と思い知った。

★★★ Excellent!!!

幼い頃のお葬式のお話し。

これが現実に起こったなら僕はおしっこを漏らして失神すると思います……

雰囲気のある文章でぐいぐい読ませるのですが、怖いの無理という人は引き返したほうがいいよう思います。いや、やっぱり最後まで読んで穴の中の引きずり込まれて欲しい気も……

本格的な怪談話でした!

★★★ Excellent!!!

それを知りたいと思った瞬間、もうこの世にはいられない気がする。

行間を読み進ませていただきながら、決して面白半分な好奇心でそんなことを思ってはいけないと、本能が出す厳重なシグナルに背筋の体温が下がり続ける。

作者様、ご無事で本当に良かったです。

★★★ Excellent!!!

 ……やっとレビューを書ける位に気持ちの整理がついたので、書こうかと思います。
 真っ赤な赤ん坊のグロテスクさ、×××××(ネタバレになるので伏せます)の異様さ、作者さんが×××××されそうになり、それを止めた叔父は何を知っていたのか、そして最後の×××××は何だったのか……。
 全てが不可解で、不条理で、しかも何も解決していない。それどころか新たな謎まで生まれる始末。
 とっても、怖いです。深夜に読んで眠れなくなりました。

★★★ Excellent!!!

うーん。

なんといったらいいのかいまだに釈然としないまんまレビュ書かせてもらってるんですが…

ともあれ、ご無事で良かった。

もしも引き摺られていたなら、そのまま存在ごと消えてしまっていたのか、命を取られていたのかでしょうね。

実は俺の経験の中にも似たような話が二つあるんです。
だから、少し言いにくいのもあるんですよね。

だってその二つとも、ヘタしなくても命に関わるような話なんです。

まぁ、ここに書いてはることがすべてとおっしゃるなら、大丈夫かなとは思うんですが。

もしももしも、その穴についてまだまだ書ききれてない、もしくは、思い出しきれてないことがあるなら、どうか気をつけて。

くれぐれもそこには立ち寄らないように、生きて下さい。

もう一度言います。

穴には本当に、気をつけて。


では。失礼しました。

Love finfen ♪