お米の神様?

作者 南 伽耶子

筆者の山形での暮らしの向こうに、なぜか読者の昔の姿まで見えてくる

  • ★★★ Excellent!!!

筆者である南 伽耶子さんが綴る、昭和の山形の暮らしやお食事をテーマにしたエッセイ集です。

山形の文化や暮らし、様々な料理の話題に加え、筆者さんの子供の頃からご結婚されるまでのご家庭の様子が、割と赤裸々に綴られます。

へえ、山形ではそんな風になっているんだ、とか、そんな事があったのかあ、と、エッセイを読んでいるうちに、ふと、自分のところはこうだったなあ、あんな事があったなあ、と、いろいろと思い出しました。

山形のエッセイを読んでいたはずなのに、不思議なことです。良いエッセイとは、そういうものなのかもしれません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 山形県は大まかに言って、四つに地域が分かれている。庄内地方と言う海端の地域。最上地方という秋田に接する地域。村山地方という県庁所在地を有する地域。そしてこの作品に欠かせない置賜地方と言う、歴史豊か… 続きを読む

吉岡梅さんの他のおすすめレビュー 428