お米の神様?

作者 南 伽耶子

郷愁と家族への愛が方言とユーモアを交えて綴られるレシピ付きエッセイ

  • ★★★ Excellent!!!

ふるさと山形の言葉と料理と、幼い日の家族の思い出。
行ったことのない雪国の春夏秋冬の情景に憧れが募る。

美しく病弱で儚かった祖母は、筆者の幼児期に逝った。
祖母を愛し、筆者を愛してくれた祖父は、中学時代に。

時の流れと共に次第に変化する家族の形と故郷の情景は、
幼少期から思春期へと成長した筆者の心に刻まれている。

ほっこりとしつつ、少し物悲しい気持ちにもなるような、
昭和の日本の風景は、今だからこそ記録に残してほしい。

いいなあ、東北。
九州の離島とは本当に全く違う食文化があるんですね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 山形県は大まかに言って、四つに地域が分かれている。庄内地方と言う海端の地域。最上地方という秋田に接する地域。村山地方という県庁所在地を有する地域。そしてこの作品に欠かせない置賜地方と言う、歴史豊か… 続きを読む

馳月基矢さんの他のおすすめレビュー 351