お米の神様?

作者 南 伽耶子

64

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

我が家の決まりはいつの間に、一膳目だけは白のまま。
お米に宿る神様の、機嫌を損ねることなかれ。
その純白には穢れなく、汚す不敬は許すまじ。

白へと至る、道長し。
水を張った田の中の、ひょっこり頭が出た苗の、若葉に空から陽が当たり、数か月もの時を経て、黄金色の実りへと。
実りを田から拝借し、殻を剥がして身を削り、やっと白米生まれ出で。
生まれた白米炊き上げて、握ればそれは母の味。
愛が込められ喜びの、笑顔溢れる子供達。
団欒歓談交えつつ、家族の愛と笑顔あり。

愛と笑顔は祈りなり。
白い米への祈りなり。
米に宿った神様を、食事によって奉る。

白米讃美歌、ここにあり。

★★★ Excellent!!!

ノスタルジックな雰囲気にあふれたエッセイで、内容がとにかく深いです。
押しつぶされるような空気を感じる描写と共に、心情を隠さずに語られているので、共感したり、切なさを感じたりしました。
食べるということに関しても、今とは違う昭和の風景が描かれていて、料理のレシピにも興味がわきます。
いつか山形の料理や、レアチーズケーキを作ってみたいです。

「お米の神様?」を読んで、これは一家族の記録にとどまらず、自分の家族というものを顧みるとても良い機会になりました。
ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

筆者である南 伽耶子さんが綴る、昭和の山形の暮らしやお食事をテーマにしたエッセイ集です。

山形の文化や暮らし、様々な料理の話題に加え、筆者さんの子供の頃からご結婚されるまでのご家庭の様子が、割と赤裸々に綴られます。

へえ、山形ではそんな風になっているんだ、とか、そんな事があったのかあ、と、エッセイを読んでいるうちに、ふと、自分のところはこうだったなあ、あんな事があったなあ、と、いろいろと思い出しました。

山形のエッセイを読んでいたはずなのに、不思議なことです。良いエッセイとは、そういうものなのかもしれません。

★★★ Excellent!!!

郷土料理に地元の名産、山菜に手作り梅干をつけた思い出。
筆者が進学し家を出るまでの、幼少期から青春時代がぎゅっとつまったエッセイです。私もおばあちゃん子だったので、ところどころ共感して泣きそうでした。

みなさん、地元に抱かれている印象はどんなでしょう。川や山に入った思い出、庭先の果物をもいで食べたり、近所の子供と思い切り遊んだり、いたずらをしたり。楽しい思い出と同時に、どこか胸が締め付けられるような、息苦しさや重たさを感じる方もいるかもしれません。

祖父母と同居していた両親。ふたりの子供。生まれ育った家は、おじいさんが山形の地に拓いた織物屋さんで、従業員の方や、織の機械がたくさん。そんな作者さんの記憶は鮮明で、特に食べ物の描写は情感豊かで目の前に景色や香り、味までもが浮かぶようです。
優しいおばあさんと、家族思いの大黒柱だったおじいさん、少し甘やかされて(すみません人の家の事情に)大人になった感じの残るお父さんに、口調は厳しいけれど愛情たっぷりの、ちょっぴりそそっかしいお母さん。無口だけど、しっかり妹を見守ってくれていたお兄さん。


懐かしい郷土料理の数々、工場兼住居のおおきな流し。冬場はつけっぱなしのストーブの上で作った鳥ガラスープ。なにもわからずただただ怖かった、幼少期の祖母との別離。終末介護を家族でこなし、穏やかに迎えた祖父との別れ。小さな女の子が成長し、思春期に入り、大学進学を機に実家を離れ、東京に。
そしてすっかり様変わりしてしまった実家に、大人になって再び帰ってきたときの、視点や家族の見方の変化が鮮やかでした。

家族の記録でもあり、少し懐かしい家庭料理のレシピ集でもあり、ひとりの女の子の成長譚でもあります。読み応えがたっぷりなので、じっくり時間をかけてお読みになることをお勧めします。

★★★ Excellent!!!

 山形県は大まかに言って、四つに地域が分かれている。庄内地方と言う海端の地域。最上地方という秋田に接する地域。村山地方という県庁所在地を有する地域。そしてこの作品に欠かせない置賜地方と言う、歴史豊かな地域だ。それぞれで方言も風習も違いがあるが、この作品では幅広く山形県の各地域が扱われていて、驚いた。小生も山形県出身だが、ここまで綿密に調べられた、もしくは詳しく各地方を述べられた作品に接するのは初めてだ。また、芋煮会の話題など県内外の方にも馴染み深い物も取り上げられている。
 そしてその山形に住んでいる人々の暮らしぶりが、細かく、そして深く描かれていて、思わずほろりとくる。この作品を拝読すると、自然の豊かさがあるから人間は食材を得ることができ、人がいて料理することができ、料理は家族や人々の生活を彩っている。そして、人間の体だけでなく、食文化にもなるのだと、感じさせられた。
 エッセイ形式なのでスラスラと読むことができ、さらに一話ごとにそのストーリーに出て来た料理のレシピも付いてくる。レシピを再現すれば、貴方もご自宅で山形の本場の味を味わえますよ。
 是非、是非、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

ふるさと山形の言葉と料理と、幼い日の家族の思い出。
行ったことのない雪国の春夏秋冬の情景に憧れが募る。

美しく病弱で儚かった祖母は、筆者の幼児期に逝った。
祖母を愛し、筆者を愛してくれた祖父は、中学時代に。

時の流れと共に次第に変化する家族の形と故郷の情景は、
幼少期から思春期へと成長した筆者の心に刻まれている。

ほっこりとしつつ、少し物悲しい気持ちにもなるような、
昭和の日本の風景は、今だからこそ記録に残してほしい。

いいなあ、東北。
九州の離島とは本当に全く違う食文化があるんですね。

★★★ Excellent!!!

書き手としてはベテランな南さんが書き綴る山形の思い出ご飯。
昭和の苦しくも高度成長に合わせて徐々に豊かになる生活。今、記録しなければ失われる出来事。
コンビニ等で画一された食卓とは異なる時代。その土地にある食材を利用して作り出されるご飯は現代においてはご馳走に見えてならない。
生きるための工夫が随所に凝らされたレシピ付きエッセイ。