お米の神様?

作者 南 伽耶子

深いです

  • ★★★ Excellent!!!

ノスタルジックな雰囲気にあふれたエッセイで、内容がとにかく深いです。
押しつぶされるような空気を感じる描写と共に、心情を隠さずに語られているので、共感したり、切なさを感じたりしました。
食べるということに関しても、今とは違う昭和の風景が描かれていて、料理のレシピにも興味がわきます。
いつか山形の料理や、レアチーズケーキを作ってみたいです。

「お米の神様?」を読んで、これは一家族の記録にとどまらず、自分の家族というものを顧みるとても良い機会になりました。
ありがとうございます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 山形県は大まかに言って、四つに地域が分かれている。庄内地方と言う海端の地域。最上地方という秋田に接する地域。村山地方という県庁所在地を有する地域。そしてこの作品に欠かせない置賜地方と言う、歴史豊か… 続きを読む

江田 吏来さんの他のおすすめレビュー 719