2016年のごく短い小説

作者 浅黄幻影

フォロー 1話目から読む