どちらかが彼を〇した

作者 織田崇滉

138

49人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

面白いですねえ。
容疑者が直接的には登場しない運びがニクい演出です。
色々と脚色して中編に仕立て上げると、焦点がボヤけてしまう。短編こその小気味良いリズム感。
既に(私の基準では)十分な評価を得ていますが、作品タイトルを捻れば集客力が増すと思いました。作品から作者の力量を推察するに、もっとタイトルも改善できるはず。一読者の勝手な要望ですが...。
短編にはMAX2つが信条ですが、星3つ付けました。

★★★ Excellent!!!

――

まず、最初の出だしにドキッとしました。そこから一気に引きこまれ、緊張して読み進め、なんと途中でくすっとさせられたという作者マジックがすごいです。

ポリグラフ(ウソ発見器)の使用過程が丁寧で分かりやすい。ポリグラフを知らなくても、キャラたちと一緒になって楽しむことができました。ラストはやはりドキッとさせられ、読者の想像の余地がぐっとひろがります。気分爽快とはいえない読後感がまたいいですね!

ポリグラフという機械に焦点をあてながらも、機械には人の心は測れない。そんな味のあるミステリーだと思いました。短いストーリーのなかに、伏線も散りばめられていてよかったです。とても面白かったです。ありがとうございました。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

解答を知らされて、はい、お終いというミステリー作品は数あれど、尾を引く作品というのは難しい。真っ先に思いつくのはアガサクリスティーだろうか。

歯切れが悪いと取られるか、想像の余地ありと匂わせるか、作者の腕の見せ所だが、一部のミステリーマニアで何が何でも単一の解を求める読者の口には合わないのかもしれない。

本作は、ポリグラフ(嘘発見器)を用い、人間の心の弱さを突く話だ。自分の身に置き換えることで、楽しむことができた。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ポリグラフなるウソ発見器で二人の容疑者を篩にかけるという、非常にシンプルかつ求心力のあるストーリーなのですが、それを連作短編ミステリの名手が手がける以上、何か仕掛けがあるに違いない! ミステリはその仕様上、「どんでん返しがある」ことを予感させてしまう、ある意味リスキーなジャンルでもあるのですが、ご安心ください。いやでも上がってしまうハードルを易々と飛び越えてしまうその跳躍力はさすがです。

タイトルからして単なる借用の域を遥かに超えてますからね……いやはや、相変わらず凄い!

★★★ Excellent!!!

――

照れろ、作者(笑↑↑

キャラミスということもあり、まず主人公がぶっ飛んでいますね。
ズボラで地味で不潔と言えば、「ケイゾク」の柴田純を思い浮かべますが、そんな感じでしょうか。全く持って頭脳派らしくないところが逆にいいですね。

ちなみに私は、ポリグラフとは単にウソ発見器という認識しかないので、小説内で仔細に描かれている内容を食い入って読んでしまいした。なるほどこういう風に使うのかぁ、と。
相変わらず、作り込んである内容ですね。

さて、肝心のミステリー部分ですが、うまいの一言です。
「事件は解決で、はい終わりっ」のあとの、衝撃のエピローグ――。

うん、いいミステリーだ。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

『女性二人』。そのどちらかが彼を殺した。

ポリグラフによって、事件の犯人に迫るミステリーである。……と言いたいのだが、実際のところは、ある意味『女性二人』という言葉自体がトリックだと言えるのではないだろうか。

ネタバレになるので深くは触れないが、良い意味で後味の悪い結末が待っている。誰が彼を殺したかということを追求し、解決する。それがもたらしたのが、本当に正しい結末なのか——それは一度読んでから判断してもらいたい。

さっぱりした結末ではないが、言葉にならない何かが残る。
そんな『もやもや』も含めて、楽しめる作品だった。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

殺人事件の担当刑事と、科捜研の女性心理士の物語。
見事です。わずか六千字弱の短編でありながら、ミステリー(アンチミステリー?)の醍醐味を味わうことができます。
登場人物のカラー、展開はさすが手慣れていらっしゃる。
ポリグラフなるアイテムの使い方もリアリティがあり、まさしく短編のお手本とすべき秀作です。
筋とは無関係な名前のこだわりは、作者特有のお遊びなのでしょうか。

★★★ Excellent!!!

――

まずはシンプルに面白かったです。犯罪捜査に使うポリグラフってのは全く知識がなかったので興味を引きましたし、それを使ったおおっと思わせるラストも楽しめました。

加えてすげーなと思ったのが、キャラクター、展開、取材、文章力などの全てが高いレベルで、終始手を抜いていないところです。短編とはいえ、ここまで骨子も肉も整った形に持っていくにはかなりの安定した技量が必要なのではないでしょうか。作者の創作に対する真剣な姿勢を感じました。連作にするのは難しいかもですが、このタイプの話はまた読みたいですね。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ポリグラフ、別名・嘘発見器と呼ばれる機械で、心理状態を見抜いていく短編ミステリー。

こちらの作家さんならではの入念な下調べによる内容、軽妙なセリフ、心理を巧みに操作した二転三転する展開が、私たち読者を引き込みます。

心が犯す殺人。
どれも物悲しくて、ハッとさせられました。
ラスト、作家さんの視線が垣間見える仕上がりに。馴染みの作風、作家さん独特の持ち味(個性)にうっとりします。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ポリグラフ検査から全ての謎を解き明かせるのか……。
犯人と思しき人間は二人。どちらも似たり寄ったりで、数度に渡るポリグラフでも判明せず。やはりポリグラフでは解決の糸口は見出せないのか?
そう諦めかけた時、女史は最後のポリグラフで事件解決の糸口を掴もうとするが……!?
ポリグラフ(嘘発見器)と一言で言っても、多種多様な種類が存在するなど小説という面だけでなく、ポリグラフに関する知識を知りたいという人にも御勧めの小説でございます。
そして全てを読み終えた時、もしかして……という後ろ髪を引かれる思いになって、もう一度読み返すこと間違いなしです。

★★★ Excellent!!!

――

ポリグラフというと聞き慣れないけれど。嘘発見器といわれると、なんとなく馴染みがあるような。
そんな犯罪調査手法が絡んだミステリー。
捜査についての簡単な説明も作中にあります、気軽にお読みいただけるのでは。

ガイシャは一人というと地味な小説との印象を持たれるかもしれませんが、がっつり濃厚・骨太な物語です。
さくっと読んで、背筋を震わせてきてくださいませ。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

とある殺人事件に浮かび上がる二人の容疑者。それを解決するは一人の女史と一つの機器――嘘発見器。

そこから導き出された答えは――?

最後の最後でひっくり返される後味の悪いダークな終わりかたに短編小説ならではの気持ちよさがありました。

とても面白かったです!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 どこかで見聞きしたようなタイトルに口元を歪めつつ、我々読者は2人の女性、二者択一の犯人捜しを迫られる。

 心の底を濾すように行われるポリグラフ。

 恋愛か。
 殺意か。

 その、どちらか ――AlterNaTIve mystery――

 犯人は、なるほど。
 だが、そこで考えさせられる。
 愛を、惜しみなく恵んだであろう。
 だが、恩讐もまた忍んだのではないか。

 結末をさらなる謎で包み込む後味に、最初とは異なる歪みを口元に浮かべてしまう。

 どちらかが?
 本当に?

 これぞ ――ANTI mystery ――

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

読み始めは二人の会話劇や地の文から推理するものと考えていた。そして読み進めていく程、犯人が気になり——。


結末は、もう一つの可能性を提示する。


誰が犯人だろうな、って考えてたけど、「織田さんの作品じゃん」を忘れてました

★★★ Excellent!!!

――

作者の織田さんは、『よくある兄妹』のルイちゃん(ブラコン・パンツ可愛い)、『絵・美・死』の美憐ちゃん(発情・パンツ可愛い)など、魅力的なヒロインを今までに生み出してきましたが、今作品も短い文字数内で悲呂さん(ずぼら地味子可愛い)という印象に深く残るヒロインを描いています。(きっと文字数の問題で泣く泣く削られたのでしょうが、残念ながらパンツの描写が彼女にはありませんが……)

普段、地味系のヒロインというと、なかなか注目されません。
でも、短い文章内でヒロインの性格を特徴づけるさり気ない仕草や言葉を入れることによって、「あれ……? ずぼらで地味系な女の子って、もしかしたら可愛い……?」と思えてくるから素晴らしい。

成人女性が袖でよだれを拭くとか、可愛すぎるやん!!
気が抜けた感じの喋り方も、可愛すぎる!!

……と、まあこんな感じで「地味でずぼらな悲呂さん、可愛い! こんな可愛い子にならポリグラフ検査受けたい! ぶひぃぃ~!」とかすっかり油断して読み進めていたわけですが……。


うん……。忘れていたよ、織田さんが一筋縄でいく結末を用意しているわけがないことを……。

悲呂さんの脱力した喋り方につられてこっちまで脱力して読んでいたら、最後の数行を思わず二度見してしまいました(汗)

みなさんも、地味系ヒロインの可愛い脱力お喋りを楽しみましょう。そして、最後の数行を二度見しましょう!


あと、私も宮崎牛食べたいっ!!