真相は如何に? 短編ながら奥深い。

面白いですねえ。
容疑者が直接的には登場しない運びがニクい演出です。
色々と脚色して中編に仕立て上げると、焦点がボヤけてしまう。短編こその小気味良いリズム感。
既に(私の基準では)十分な評価を得ていますが、作品タイトルを捻れば集客力が増すと思いました。作品から作者の力量を推察するに、もっとタイトルも改善できるはず。一読者の勝手な要望ですが...。
短編にはMAX2つが信条ですが、星3つ付けました。

その他のおすすめレビュー

時織拓未さんの他のおすすめレビュー558