残悔のリベラル -under the "in the sun"-

作者 睡蓮たしぎ

退廃、生成、消費

  • ★★★ Excellent!!!

太陽や、生命までも、人は造り出す。その世界は、やはり退廃的である。
いや、退廃的であるからこそ、何かを補おうと思うのかもしれぬ。
そうして作られた生命は、何のために在るのか。

このレビューを書いている段階では、まだ序章が終わったに過ぎぬが、ここで、言葉を残しておきたくなるほど、彼らの世界は、乾いている。

しかし、私だけではあるまい。その無機質な質感と、眼の眩むようなルビに埋め尽くされたモノの数々の背後にある、それを産んだ人の乾きを感じるのは。

ホムラという存在を軸に旋回する物語は、彼女の周囲が乾き、金属質あるいは造られた有機質であるほど、命を息吹をより強く醸すのかもしれぬ。

的はずれで、暴論であることは承知しているが、私は、そう思い、また読み進めてゆくつもりだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

生活の全てが徹底的に管理された近未来。
いつもと変わりのない朝を迎え、いつも通り何重もの手続きを踏んで、出勤する職場。
そこは臓器を提供するためだけに生み出されたドナーの子供たち『ヒュム』が暮らす施… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

【類稀なる言葉の数々。荒廃した世界の中、我々は眩い夢を見る。】

ストーリィは抽象的で、何処か観念的。
ディストピア的世界の中で、夢現を彷徨うかのような不思議な読書体験を味わえる、独特の作風だ。
そ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

世界が滅びて60年後の、全てを政府に管理された新たな世界。主人公である雪白ホムラは、「講義」に間に合うようにと朝の身支度を急いでいる。まだ若干二十一歳の彼女は、実は講義を受ける側ではなく行う側の人間… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

臓器提供させるためにつくられた子供たちと、彼らに最大限の人権をあたえるためにつくられた楽園、そして彼らをすこやかにそだてるという職業についているヒロイン。みっつの要素をならべただけでも、作中にうまれ… 続きを読む

増黒 豊さんの他のおすすめレビュー 111