残悔のリベラル -under the "in the sun"-

作者 睡蓮たしぎ

消耗されるために生み出された命と、それに寄り添う者の物語

  • ★★★ Excellent!!!

生活の全てが徹底的に管理された近未来。
いつもと変わりのない朝を迎え、いつも通り何重もの手続きを踏んで、出勤する職場。
そこは臓器を提供するためだけに生み出されたドナーの子供たち『ヒュム』が暮らす施設だった。

まず目を引くのが、緻密かつ鮮やかに描き出される世界観です。
様々なものがオート化され、それ故に煩雑になっている日常生活が、どこか世に対して斜に構えたような主人公・ホムラの語りを通して綴られていきます。

いずれ消耗される生命体である『ヒュム』と必要以上に深く関わってしまう、彼らを管理する立場のホムラ。
機械的とも言える社会や人間関係の中で、ホムラのある意味での不安定さには好感を抱き、彼女の心の揺れに共感しました。

まだ物語は序盤のようですが、テーマや文章がとても好みで、ついレビューしてしまいました。
続きも楽しみにお待ちしております。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

【類稀なる言葉の数々。荒廃した世界の中、我々は眩い夢を見る。】

ストーリィは抽象的で、何処か観念的。
ディストピア的世界の中で、夢現を彷徨うかのような不思議な読書体験を味わえる、独特の作風だ。
そ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

世界が滅びて60年後の、全てを政府に管理された新たな世界。主人公である雪白ホムラは、「講義」に間に合うようにと朝の身支度を急いでいる。まだ若干二十一歳の彼女は、実は講義を受ける側ではなく行う側の人間… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

臓器提供させるためにつくられた子供たちと、彼らに最大限の人権をあたえるためにつくられた楽園、そして彼らをすこやかにそだてるという職業についているヒロイン。みっつの要素をならべただけでも、作中にうまれ… 続きを読む

陽澄すずめ(すずひめ)さんの他のおすすめレビュー 205