菜の花は食いもんです

作者 江田 吏来

菜の花の味が頭のなかに広がる

  • ★★★ Excellent!!!

本作を読むと、食べ物というのは心で味わうものだということがよくわかります。
確かな描写力で、読み進めるごとに菜の花の苦味が口の中に広がるのが想像できるからです。
梅の実を想像しただけで唾が湧くように、想像上のメニューを満喫できる本作、一度味わってみませんか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

左安倍虎さんの他のおすすめレビュー 223