サンライズ・コーストライン

作者 神崎赤珊瑚

98

35人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

官能的なピカレスクでした。繊細なタッチで哀愁な雰囲気が愛おしさを増します。
徐々に込み上げてくる寂寞とした感情のやり場に困って、切なさを覚えました。
作品世界にのめり込んで、はらはらして、込み上げるものがあって、余韻に浸って放心しました。いい作品でした。ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

 これでたったの14000字かというのが読み終わった感想。一文あたりの情報量が多くて少ない文字数できっちり主役ふたりの関係性を積み上げていて、その溜めがあるからこそラストの展開がきっちりと効いています。中篇以上の規模にも耐えるプロットだと思うので、これを再構成してみてもよいと思いますし、新作も読みたいです。

★★★ Excellent!!!

血と硝煙の匂い漂うクライムアクション。そして百合。正直この規模の短編としてはありえない密度ですし、ラストシーンの美しさにいたっては目を疑うほど。これが今年の電◯とかガガガ大賞受賞作の試し読みですと言われたら信じてしまいそうなレベル。こわい。
KUSO創作やってみましたーみたいなノリでモモモにぶちこんで終わりじゃなくてあと4話くらい同じ完成度で仕上げてシリーズにしてでかいコンテストに出そう!!もったいなさすぎて悲鳴あげてしまうよ!(キレ気味