ニネヴェの司書

作者 島野とって

文字という名の摩訶不思議

  • ★★★ Excellent!!!

 文字や言葉はたんなる道具にすぎない。
 だがそこに人間は霊性を見出す。
 なぜだろう? 
 
 それは、ある言葉ひとつとってみても、その言葉に込める意味は人それぞれだからだ。

 言葉の定義は時代や場所によって常に変化する。
 もっと言ってしまえば、一人ひとり異なる。

 そして他人との間に隔たる壁に幻を視るのだ。

 
 文字は、汎用性の高い道具だが、脆弱性を排除しきれない。
 それでも我々はこれを使い続けるだろう。


 作家を志す者、文字や言葉に携わる者ならば絶対に考えておきたい重要なテーマといえる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

遊び心さんの他のおすすめレビュー 21