竜眼(りゅうがん)

作者 和久井 透夏

受け継がれていく思い出と、味がある!

  • ★★★ Excellent!!!

『竜眼』という、聞き慣れない料理にまつわる物語。

僕は初めて聞いた料理だったけれど、この物語を読み終わってみると、不思議と親しみやすい、まるで昔から知っていたかのような料理に感じられてしまう、そんなお話し。

もの悲しく、切ないんだけれど、それでも未来へと――親から子供へ、その子供が親になった時に、また子供へと繋がっていく短くも長いお話し。

料理のレパートリーがいくつあったとしても、受け継がれた料理よりも思い出深い味は存在しないのだ。あなたには、そんな味がありますか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

七瀬夏扉@ななせなつひさんの他のおすすめレビュー 149