おめでとう、僕はろくでなしに進化した。

作者 和久井 透夏

★★★ Excellent!!!

ろくでなしの僕は、それでも強かに胸を張って生きていく。

言わずと知れた「おめ俺」のスピンオフ作品、ということで前々からタイトルは聞き及んでいました。
ただ、スピンオフということでこれまで二の足を踏んでいたのですが、ふと試しに1話をと読んでみて……気がついたら読破していました。
なんという引力でしょうか。


タイトルやあらすじ、タグを見ればお分かりの通り、これは全くもって優しい物語ではありません。
1人の哀しい少年が、1人のろくでなしになるまでの軌跡を辿った波乱万丈も甚だしいお話です。

内容が内容だけに、受け付けない人はいるでしょう。
痛々しい展開に目を背けたくなる人がいるかもしれません。

けれども、一人の人間が懸命に生き抜いたひどく歪な轍が、ここにはある。

確かに彼は、一端のろくでなしに進化してしまった。
それでも、私は彼の生き様をたまらなく愛しく思います。



ところで、1つ。
上に書いたレビューの内容で撤回したいことがあります。

実は私、まだ本編を完読していません。
本編で一真さんが登場するところにも辿り着いていないのです。

それなのにこんなにも一真という人間に愛着を抱かせ、一刻も早く本編を読まねばという気持ちにさせてしまうこの作品は、スピンオフという言葉で収めてしまうのはとても勿体ないなと思うのです。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!