おめでとう、僕はろくでなしに進化した。

作者 和久井 透夏

怖いんだけど、なんか読んじゃうんだけど、怖い

  • ★★★ Excellent!!!

淡々と描写される人の闇が怖い。
怖いのに、スクロールする指がとまりません。
読了していないので、この物語がどこに着地するのか、気になります。

本編の方は未読なのですが、十分楽しめます。

読了したら、ラブコメである本編を読んで安心したいものです。。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

安室凛さんの他のおすすめレビュー 257