おめでとう、僕はろくでなしに進化した。

作者 和久井 透夏

まさに Making of 篠崎一真

  • ★★★ Excellent!!!

こちらを読んでから「おめ俺」読み返しを推薦します。
結末を読んだ後に読み直したミステリーのように、ところどころにフラグ(伏線?)があるのがわかります。
「おめ俺」をまた新たな視点で楽しめること請け合いです。
ますます、すばるが心配になりますよ(笑)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@kana_komaさんの他のおすすめレビュー 14