おめでとう、僕はろくでなしに進化した。

作者 和久井 透夏

★★★ Excellent!!!

期待を裏切らない!

一真さんの熱烈なファンとしては、これを読むのが勿体なくて、イチゴのケーキに乗っている大粒イチゴを最後まで取っておきたい感覚に近かったんだけれども、あ~やっぱりイチゴは美味しいよ。
ろくでなしっぷりが最高過ぎて、もう何も言うことありません。
この清々しいほどにろくでなしな彼に、恋心さえ抱いてしまいます。
あ、いや、まあ、登場時点から一目惚れだったんですけどね。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!