【改稿版】おめでとう、僕はろくでなしに進化した。

作者 和久井 透夏

★★★ Excellent!!!

本編とは一味違ったダークな切り口が、より本編を面白くさせている!

もちろん、このストーリー単体でも面白いのですが、本編を知っている、またはこの後に本編を読むと、より世界観が広がって楽しめます。
主人公の一真は、本編では飄々とした人物。
そこに至るまで、どんな人生を歩いてきたのか、どんな思いを味わったのか、その性格が形成される過程が描かれる。
心理描写が、とても興味深かったです。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!