純文学というコンテンツは、果たしてオワコンなのか!?

作者 婆雨まう(バウまう)