君にもう一度、◯◯と言う。

作者 天野 アタル

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全100話

更新

  1. 第1話 やらかした。
  2. 第2話 ここどこよ。
  3. 第3話 そそっかしくて。
  4. 第4話 へこむから。
  5. 第5話 なんか来た。
  6. 第6話 誰こいつ。
  7. 第7話 そんなばかな。
  8. 第8話 漫画かよ。
  9. 第9話 こう見えて。
  10. 第10話 戻りました。
  11. 第11話 助け舟。
  12. 第12話 やばいでしょ。
  13. 第13話 謎すぎる。
  14. 第14話 ちょ、待って。
  15. 第15話 とぼけんな。
  16. 第16話 なんなのよ。
  17. 第17話 気になるし。
  18. 第18話 かみあわない。
  19. 第19話 納得いかない。
  20. 第20話 私んち。
  21. 第21話 日曜日。
  22. 第22話 最悪だ。
  23. 第23話 救世主。
  24. 第24話 一難去って。
  25. 第25話 イケメンや。
  26. 第26話 反省会。
  27. 第27話 どうしてここに。
  28. 第28話 カレーとか。
  29. 第29話 釣られた。
  30. 第30話 年上だと。
  31. 第31話 二回目の。
  32. 第32話 待ち合わせ。
  33. 第33話 まさかの。
  34. 第34話 デートですか。
  35. 第35話 緊張する。
  36. 第36話 恋バナ。
  37. 第37話 公園で。
  38. 第38話 嘘でしょ。
  39. 第39話 爆発する。
  40. 第40話 引っ越そう。
  41. 第41話 最低な奴。
  42. 第42話 撃退してやる。
  43. 第43話 カメスケさん。
  44. 第44話 どなたでしょうか。
  45. 第45話 ウサ登場。
  46. 第46話 相棒です。
  47. 第47話 きっかけ。
  48. 第48話 真実と御対面。
  49. 第49話 ほんとうのこと。
  50. 第50話 ハゲ先生の助言。
  51. 第51話 虚偽と煙草とコーヒーと。
  52. 第52話 けじめを。
  53. 第53話 後からくる悔しさ。
  54. 第54話 ごましお。
  55. 第55話 例の動画。
  56. 第56話 涙を拭いて。
  57. 第57話 探せ。
  58. 第58話 やっと。
  59. 第59話 ただいま。
  60. 第60話 ひと段落。
  61. 第61話 一週間後。
  62. 第62話 修羅場。
  63. 第63話 好きって気持ち。
  64. 第64話 女子会。
  65. 第65話 土曜の昼下がり。
  66. 第66話 脚から始まる恋物語。
  67. 第67話 今の私と、前の私。
  68. 第68話 散歩道。
  69. 第69話 彼の宝物。
  70. 第70話 猫村さん。
  71. 第71話 暗転。
  72. 第72話 遠い雨音。
  73. 第73話 彼の正体。
  74. 第74話 立ち去る影。
  75. 第75話 恐怖の記憶。
  76. 第76話 乱闘。
  77. 第77話 振り切れる。
  78. 第78話 叫び。
  79. 第79話 父と母。
  80. 第80話 事件のその後。
  81. 第81話 ここに来た理由。
  82. 第82話 剣木家主催すき焼きパーティ。
  83. 第83話 苦い過去。
  84. 第84話 おとうさん。
  85. 第85話 再診。
  86. 第86話 一泊二日の旅。
  87. 第87話 グレーテルとコンブ。
  88. 第88話 恋愛映画は苦手だから。
  89. 第89話 石投げ、カモメ、遊覧船。
  90. 第90話 海岸沿いのシーフードカレー。
  91. 第91話 この雰囲気は……。
  92. 第92話 初体験。
  93. 第93話 決断すべきは。
  94. 第94話 いつか帰りたい場所。
  95. 第95話 もう一度、〇〇と言う。
  96. 第96話 呼び覚ます音。
  97. 第97話 忘れたりしない。
  98. 第98話 拝啓。
  99. 第99話 それから。
  100. 第100話 二度目の初恋のゆくえ。