あなたは月面に倒れている

作者 倉田タカシ

★★★ Excellent!!!

夢みたいな話だった。

俺たちは揶揄われていた。いや揶揄われてすらいないのかもしれないが、そういうゲームの場所になっていた。地球はそれに似た何かでいっぱいで、ごく稀にそういう夢を見る。だいたい熱を出した時。

見るけどそれは言語化できないもので、できないことが当たり前だと思っていたけどできるものだった。びっくりした。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!