父と歩く、年を越える。

作者 mikio