易水悲歌

作者 左安倍虎

フォロー

★★★ Excellent!!!

羽声の使い手、ここに散る。

いわば結末が分かっている物語。しかし、そこに至るまでの彼の心中がどこまでも丁寧に描写されており、そのあまりの結末の前には涙せざるを得ない。