易水悲歌

左安倍虎

 燕・趙・魏・秦・斉・韓・楚の七大国が相争う戦国時代は、ようやく終わりを告げようとしていた。西方の大国である秦が、大きくその力を伸ばしてきたからである。秦は商鞅が厳格な法律を施行し、国政改革を行って以来の強国であるが、今まさにこの秦が他の六国を呑み込まんとしていた。時の王は後に始皇帝と呼ばれる男・政である。この男が北東の辺地にある燕に手をかけようとしたところから、この物語は始まる。


 政ほど数奇な人生を歩んだ者は史上稀である。司馬遷が記しているだけでも、政の命を狙った者が三人も存在する。漢代の歴史家である司馬遷の著した史記には刺客列伝が存在し、五人の刺客の事跡が記されているが、その掉尾を飾るのがこれから語る荊軻けいかの伝である。秦王の命を狙った刺客として、荊軻はその名を歴史に残した。


 司馬遷の記述は簡略であり、荊軻の人となりを探る手がかりは少ない。ただ人と争うことを喜ばず、読書を好み、燕の市場でしばしば歌ったという。荊軻が最も得意としていたのが、激情を乗せ高く澄み渡る「羽声」という声である。この羽声に着目したことから、この物語は生まれた。話の筋は時に史実を離れるが、ひとつの異聞として楽しんでいただければ幸いである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!