玻璃の音*書房

作者 水菜月

うつくしいということ はかないということ のこる不思議

  • ★★★ Excellent!!!

大切にしたい物語や本が、誰しも一つはあるだろう。
この作品は、小さく口を動かしながら咀嚼して、味わうだけの価値がある。

価値という、言葉を使うのさえどこかせちがらく、似つかわしくないように感じる空気の透明感。

少年の淡い恋、移ろう気持ち、育まれる友情や新しい出逢い。
美しい四季の風景の中でそれらが清新に描かれている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

九藤 朋さんの他のおすすめレビュー 52