インタビューインテグラ

作者 ポンチャックマスター後藤

怖いのは人の言葉と心★狂気のインタビューの連鎖に刺激される怖い物見たさ

  • ★★★ Excellent!!!

先のレビューでも語られているとおり、インタビュー形式のみで物語が紡がれる異色な作品。
ある事件の真相に迫ろうとした犯人の友人が、関係者に一人ずつ話を聞きに行くというものです。

地の文がなく、さらに漫画ではないので、読者は登場人物(インタビュアーとインタビュイー)の発言だけを頼りにストーリーを辿っていく。
真実なのか嘘なのか分からない不安定な足場を目隠しして(登場人物の音声と捉えれば)聴覚のみで渡り歩いている心もとなさが読み手に恐怖を与えます。

またインタビュイーは稀代の少年犯罪者の関係者で、もともとか事件によって歪められたかはさておき、情緒不安定な曲者ばかり。(比較的まともなのは一人目くらい?)

地の文がない分、突然怒り狂ったり叫んだり、取り憑かれたように怯えたり、かと思いきや主人公(インタビュアー)の本心を衝いてきたり……。

そして揺れ動く感情は、あるとき途轍もない加速度をもって主人公を歪めていきます。

会話文だけで構成されている特性上、難解な表現はほぼ出てきませんが、それなのに、この物語独特のおどろおどろしい雰囲気、立体感、不安定な心情の変化を描写するのは、非常にすごいと思います。

読後感も何とも言えない。これは読んでみるしかないです。
物語の扱っている題材が題材だけに、残酷描写には多少の覚悟を要しますが、耐性がある方は是非味わってみて下さい。
怖いのに先が気になって、抜け出せなくなって行きます・・・。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 いつもレビューを書く時は他人に薦めたくて書くのですが、僕は本作を誰彼かまわず薦める気にはなれません。だけどこの衝撃と読後感を自分一人の中に留めておく気にもなれません。なので最初に忠告します。覚悟の… 続きを読む

銀鏡 怜尚さんの他のおすすめレビュー 239