殲撃のヴェンデッタ - 全てを奪われた俺は、勇者ヲ否定シ王ト為ル -

作者 糾蝿カフク@ティアこ58a

1話目から読む

ユーザー登録をしよう!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

連載中 全99話

更新

  1. 序章 - ララト、奪われし者の名を -
  2. 序章01:汝、満たされし豚よ
  3. 序章02:汝、奪われし弱者よ
  4. 序章03:汝、目覚めし強者よ
  5. 一章 - 勇者、全てを奪った者の名を -
  6. 一章01:ソレユ・ドミニ、刻まれし白夜の史
  7. 一章02:英雄は、仮面の下で斯く非道を為す
  8. 一章03:幸せは、一夜できっと絶望に変わる
  9. 一章04:暴力は、刹那に条理を踏みにじって
  10. 一章05:二人は、傷だらけのまま互いを求め
  11. 一章06:決意は、震える義妹を抱いた手の中
  12. 一章07:青年は、あなたを守ると心に告げて
  13. 一章08:地獄は、ここに。その終わりを希い
  14. 二章 - レイヴリーヒ、反逆する者の名を -
  15. 二章01:復讐は、この道の最果てで
  16. 二章02:平穏は、戦地のただ最中に
  17. 二章03:救済は、過ぎし日の記憶に
  18. 二章04:煉獄は、人の世の中にこそ
  19. 二章05:義妹は、約束を果たす為に
  20. 二章06:狂飆は、魔窟に雷雨を齎し
  21. 二章07:後輩は、誓いを告げ微睡み
  22. 二章08:王国は、既に滅び今は無し
  23. 二章09:将軍は、帝国最強の老騎士
  24. 二章10:暁月は、人と魔の境界線に
  25. 二章11:魔力は、幼馴染の中に宿り
  26. 二章12:愛娘は、涙を捨て顔を上げ
  27. 二章13:告白は、あの誰そ彼の薄暮
  28. 二章14:誤解は、子淑女の頬を染め
  29. 二章15:帝都は、我らが進む眼前に
  30. 三章 - ヴェンデッタ、魂を喰らう代償の名を -
  31. 三章01:帝国は、我が軍門に朱に下り
  32. 三章02:敗北は、次なる君の成長の為
  33. 三章03:団長は、乙女を連れし幼馴染
  34. 三章04:奴隷は、かつて勇者だった者
  35. 三章05:落涙は、人知れず地下の底で
  36. 三章06:魔眼は、世の須くを見通して
  37. 三章07:治療は、魂を常に対価に捧げ
  38. 三章08:喪服は、自らを縛る決意の黒
  39. 三章09:氷剣は、副団長たる青騎士の
  40. 三章10:魔具は、僕の血肉を啜り喰い
  41. 三章11:馬車は、旧勇者を幌に乗せて
  42. 四章 - ノーデンナヴィク、望郷の魔都の名を -
  43. 四章01:故郷は、或いは忌まわしき魔都
  44. 四章02:議会は、翻意し我らと手を携え
  45. 四章03:嬰児は、人非ざるホムンクルス
  46. 四章04:嫡女は、歯噛みして無力を悔い
  47. 四章05:墓標は、看過せし非道を示して
  48. 四章06:列車は、故国を発ち次なる地へ
  49. 五章 - マクミラン、歯車廻る都市の名を -
  50. 五章01:蒸気は、都市の全てを包み隠し
  51. 五章02:人形は、意志を持ち我らを迎え
  52. 五章03:隻眼は、在りし日の反旗の代償
  53. 五章04:遺産は、奥深き地中にて埋まり
  54. 五章05:死人は、墓標より出で闊歩せり
  55. 五章06:拳銃は、義妹の手により生まれ
  56. 五章07:乞願は、夜の闇に静かに消えて
  57. 五章08:唱歌は、歌われざる者のために
  58. 六章 - オーレリア、湯煙舞う街の名を -
  59. 六章01:国境は、定離の後に帝都を越え
  60. 六章02:歓待は、少女兵士のときの声で
  61. 六章03:隠密は、歓楽街で娼婦を兼ねる
  62. 六章04:傲岸は、被虐の性の裏腹に喘ぎ
  63. 六章05:湯煙は、戦士の疲れを拭い去り
  64. 六章06:休閑は、激戦前夜の暫しの情事
  65. 七章 - エルジア、焔立つ城の名を -
  66. 七章01:武士は、極東にて我らを待てり
  67. 七章02:万帝は、富嶽を背に聳え立つ城
  68. 七章03:九尾は、エルジアを統べし首魁
  69. 七章04:巫女は、首刈り鎌を天高く掲げ
  70. 七章05:造反は、火の勇者の仇を討つ為
  71. 七章06:一夜は、水着まとうケイと共に
  72. 七章07:九竜は、幼馴染みと相まみえて
  73. 八章 - エスベルカ、不動なる帝都の名を -
  74. 八章01:神官は、聖女の現身に心奪われ
  75. 八章02:凱旋は、敗者と勝者をただ別ち
  76. 八章03:鍛錬は、少女と全軍のあいだに
  77. 八章04:宰相は、想いを隠し皇帝と見え
  78. 八章05:令嬢は、弱き自分を許す事なく
  79. 八章06:皇帝は、日々の帳に溜息を吐き
  80. 九章 - ラインアーク、新たなる時代の名を -
  81. 九章01:戦力は、勇者を超え斯く至れり
  82. 九章02:彼女は、只この時を待ちわびて
  83. 九章03:級友は、プロフェゾーレの頂を
  84. 九章04:幼女は、義体を駆り首都を訪れ
  85. 九章05:二席は、武勲のため仕合を望み
  86. 九章06:密偵は、情事を覗きほくそ笑み
  87. 九章07:接見は、地底深くの暗き獄舎で
  88. 九章08:前帝は、縛鎖の上で闘諍を待ち
  89. 九章09:役者は、舞台と共にそろい踏み
  90. 九章10:回廊は、独白を経て技場に続き
  91. 九章11:勇者は、今ここにそして終わる
  92. 九章12:後夜は、月夜の下で貴女と踊り
  93. 九章13:暁闇は、神話の潰える夜の明に
  94. 登場人物
  95. 十章 - プロフェゾーレ、卓抜たる智将の名を -
  96. 十章01:逢瀬は、堂々たる市井の中で
  97. 十章02:女神は、慈悲も無く勝利を得
  98. 十章03:月輪は、日陰にて職務を果し
  99. 十章04:思慕は、溶けた心のその奥に
  100. 十章05:幼狐は、紅を差し頬を染めて
  101. 十章06:傭兵は、嫉妬に駆られ姿現し
  102. 十章07:淑女は、戦場とて優雅に舞い
  103. 十章08:護衛は、己が膂力を厳に示し
  104. 十章09:月夜は、外されし仮面を映し
  105. 十章10:三葉は、亡妹の記憶を呼んで
  106. 十章11:聯絡は、勇者の魔力を媒介に
  107. 十章12:乱交は、来るべく初夜の後に
  108. 十章13:賢母は、母乳出づる日を待ち
  109. 十章14:副長は、無念を飯で紛らわせ
  110. 十章15:路傍は、只守るべき者に満ち

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!