便意を我慢できたら宇宙最強!? クソ真面目転生者の肛門活躍記 ~世界は今、少年の可愛いお尻に託された~

作者 月城 友麻 (deep child)

77

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

あらすじ――タイトル――困惑しかない。
まさかの便を使うとは……驚きです。
初っ端あらすじタイトル見た時、これ大丈夫か?!と心配になりましたが、内容が普通にいいなぁと感じてしまった……くやしいっ!!
序盤を見させていただきましたが、納得してしまう追放……そら言いたくないよね。
まじめなのに……真面目なのに……なんだこの作品はぁ!?(困惑)

参加ありがとうございました!
頑張ってください!

★★★ Excellent!!!

タイトルをみて「えっ」と回れ右をする方、もったいないですよ。こんなに面白いのに。
汚い話?と思わせておいて不快にならないのは、作者の文章力の高さゆえだと思います。素敵です。

主人公の名前がベンで笑ってしまいましたが、般若心経を唱えたあたりで声にだして笑ってしまいました。

途中までしか読めていませんが、それにしても、登場する女性が魅力的なんです。
ベン君(色んな意味で)がんばれ!

★★★ Excellent!!!

 最初から、笑えるような内容でした。

 あー、そっちのハナシ?とも思ったんですが、妙に惹かれてしまう良さがありました。

 まさかのまさかで、名前の付け方がソコッ!?ってのもありましたけど笑

 ゲームの事とか、私にはサッパリですが(^◇^;)

 今までの異世界ものって、敵対が多かったんですが、小刻みに驚いたり、笑ったりするシーンが多くて、個人的には好きな流れでした。

 続き楽しみにしてますね。

 ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

ギャグファンタジー作品
ファンタジーの重さ、ギャグの軽さがちょうどいい作品です。
テンポも描写もきちんといい塩梅に抑えられ、作品の完成度が伺えました。
便意を我慢してレベルアップというアイデアは素晴らしいです。
今後の展開は重い話しになっていくとしても
緊張と緩和を使えるので没入感もプラスして期待値が上がって、漏らす心配無し。
トイレで読みたい作品です。

改善点
特にないほどいい作品です。
無敵系は敵の設定が大変だと思います。
また、どのように経過を楽しませるかも難しいので、ギャグと絡めながらファンタジー要素を多く含んでいくのでしょう。
やはり、作品の最後のオチが気になります。
出来れば、感動させる要素で締めると
作品の結(尻)も良くなると思います。

偉そうに感想書きました。
忘れて下さい。

お先に勉強させて頂きました。

誰よりも海水を飲む人

★★★ Excellent!!!

タイトル通りです。本当に、タイトル、通り、です!!
なのに、出オチ作品でありながら、続きがスルスルと読めてしまう!
快便! 快便です!!😂😂😂

なぜ読めるのかというと、それは作者様の地力の高さがゆえでしょう。
ぶっ飛んだ設定に不釣り合いなほどしっかり丁寧に作り込まれた世界観とキャラクターたち、そして端的にして必要十分な文章。
史上まれに見るクソ💩まみれなざまぁ展開からの、怒濤に次ぐ怒濤の展開。

数話読み進めていった段階で、気付きました。
『ああ、これは良質なタイトル詐欺作品だ』と!

四天王、サイクロプス、ドラゴン、一万もの魔物の軍勢……強敵相手に立ち向かう主人公・ベン(なんて端的な名前!)が戦っているのは常に、自分自身の中で暴れる便意!
主人公は戦いの後、いつもトイレを求めて逃げるように去っていくのですが、それが命を救われた者たちの目には颯爽と去っていくように映るので、勘違い展開が加速します。

ずっとトイレを我慢し続けながら読み進め、気が付けば最新話まで来てしまいました!!
次はいよいよ、VS魔物の軍勢1万匹!
来るか、未踏の領域、便意十万倍!?

★★ Very Good!!

 軽い文体と疾走感のある文章が、ともすればコミックを読み進めるかのよう。そういった意味で、読みやすさが作品の雰囲気に良くマッチしているのが特徴。

 一方で、展開スピード重視なのか。タイトルと煽り文(帯書き)を読んでいないと、どうしてこんな話が突然出てくるのだろう? こう首を傾げてしまう点があるところは、連載中である点。先ほども書いた様に、コミックを思わせる文章を思えばあまり深く考えずに先を読み進めると良い。

 タイトルにある「宇宙最強」と言う比喩表現は、作中でも出てくるのだが。如何せん、典型的な剣と魔法の世界なので「そもそも "宇宙" と言う概念を主人公以外知っているか怪しい」ところではある。あるのだが。主人公と我々読者は、宇宙ヤバい果てしない、規模が違いすぎる――ということを理解している。

 望むことが許されるなら、宇宙規模のヤバさと言うのをもう少し作品内に落とし込むことが出来れば……とも思う。

 小難しいことを考えず、肩の力を抜いて読むとスラスラ読めてしまう。ここがこの作品でもっとも偉大なところと言えるだろう。読者の我々はスラスラ読めるのだが、作中の主人公はスラスラどころか。毎回人間の尊厳と戦っているので、そのギャップも本作の続きを追いかけたくなる要素となっている。

 順調に? 立身出世を重ねて行く主人公だが、そこには必ず耐えがたい尊厳(オブラートに包んだ表現)との戦いが待ち受ける。うっかり主人公に感情移入しすぎて、便意を共にすることのないよう。あらかじめ、お手洗いに行ってから読んだ方がよさそうだ。

★★★ Excellent!!!

この話を一体誰が他に思い付くだろうか。便意を我慢して最強になる。肛門括約筋ならぬ肛門活躍記。下剤を飲めば最強だ!
と、こんな感じではあるが、軽すぎるというわけでもない。終始笑いっぱなしになるでもない。我慢している時とそうではない時の差と言うべきか、緩急がきちんとある。それはひとえにベンの性格によるものだろう。
ちょっと疲れた時におすすめの一作です。ぜひご一読ください。

★★★ Excellent!!!

こんなにも力の抜ける作品があるだろうか。まさか便意と攻撃力をセットにするとは。これは小さなことでくよくよしてしまいがちな人にこそお薦めしたい作品だ。うんざりするような気分になった時。悲しみに耐える時。読んでみると良い。便意が、そんなあなたを明るい光で照らしてくれるだろう。

★★★ Excellent!!!

 タイトルのバカバカしさに釣られて読み出し、しかも主人公が"ベン"て、と心の中でツッコミを入れながら読み進めれば、気がつけば最新話に辿り着いていることでしょう。
 丁寧な情景描写がすんなりと頭に物語を浮かばせ、スラスラと読み進められる反面、その丁寧さがただ静かに作品を読んでいるはずの読者の鼻に、バキュームカーが通り過ぎた後のような匂いを届けます。
 その匂いがあなたのお腹を刺激してしまうので、今すぐトイレに入らない人にはオススメ出来ないかもしれません。
 ベン君の一人苦しむシュールさがクセになりますので、それ以外の人には是非お勧めしたい作品です。