久しぶりに異世界召喚に巻き込まれたおっさんの俺は、どう考えても一緒に召喚された勇者候補よりも強い

作者 八神 凪

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全46話

更新

  1. 一章:異世界へ
  2. プロローグ
  3. 1.俺には疑惑しかないんだよな?
  4. 2.都合を押し付けんな
  5. 3.あ、これ名刺です
  6. 4.作戦会議ってわくわくしない?
  7. 5.覚悟ってのは意外と言われてできるもんなんだよな
  8. 6.腹の中が黒いって言われませんかね?
  9. 7.敵も味方も欺いとけば怖くないぜ
  10. 8.素質があってもやる気がなきゃ意味がねえ
  11. 9.これでも百戦錬磨なんだぜ
  12. 10.準備はそろそろOKか?
  13. 11.部活と思って気楽にやってくれ
  14. 12.勇者ってのは理屈じゃねえんだ
  15. 13.ギャルになるにも理由はあるわな
  16. 14.そんじゃしばらくお別れだ
  17. 15.手札は隠して交渉するのが基本だな
  18. 16.必ず戻ってくるからな!
  19. 17.無事に乗り切れよ
  20. 二章:エラトリア王国
  21. 18.お勉強の時間も必要だってことよ
  22. 19.金より大事なものもあるってよ
  23. 20.我慢が足りねえな、尻尾を出すのが早すぎるぜ?
  24. 21.どこからが『異常』でなにが『まとも』なんだろうな?
  25. 22.手がかり無しはさすがに無理だっての
  26. 23.探りを入れるのはちょっとでいい
  27. 24.話がかみ合わねえ……
  28. 25.我ながら運がいいじゃねぇか
  29. 26.今は点と点だが、いずれ線になるんだぜ
  30. 27.やっぱりそういうことだよな
  31. 28.そんな甘ぇことで生き残れるのかねえ
  32. 29.そこまで言われちゃ冷静になれねえのは分かるぜ?
  33. 30.面白くなってきたじゃねえか?
  34. 31.誰しもプライドってやつはあるもんだ
  35. 32.潰し合いといこうじゃねえか
  36. 33.俺達にはなにが必要なのかよーく考えてみなよ
  37. 34.ただ頼るだけじゃあな
  38. 三章:決着をつけるために
  39. 35.どうもおかしい気がするんだけど……
  40. 36.後は淡々と準備を進めるだけだぜ
  41. 37.戦いは避けられねえが犠牲はやり方次第で減らせるぜ
  42. 38.まだわからねえことはあるけどよ
  43. 39.信じるってのは大事なことなんだよ、自己責任だがな
  44. 40.子は親の気持ちを汲みつつ成長して、親は子を信じて離れるもんさ
  45. 41.後戻りのできねえ選択をしやがったな?
  46. 42.確認と擦り合わせはビジネスの基本だぜ
  47. 43.僕達はあなたたちの道具じゃない
  48. 44.味方っぽいのは一応声をかけとこうぜ
  49. 45.忠誠心? 違うな、そりゃ盲信ってやつだ