「君の代わりはいくらでもいる」と言われたので、聖女をやめました。それで国が大変なことになっているようですが、私には関係ありません。

作者 木山楽斗

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全106話

更新

  1. 1.そこまで言うなら
  2. 2.彼女がいなくなって(モブ視点)
  3. 3.偶然の出会い
  4. 4.意外な提案
  5. 5.誘いの理由
  6. 6.せっかくだから
  7. 7.去る者達(モブ視点)
  8. 8.あの場所に来た理由
  9. 9.馬車に揺られながら
  10. 10.呪縛からの開放(モブ視点)
  11. 11.無駄遣いは
  12. 12.ありがたい提案
  13. 13.第三王子の判断(モブ視点)
  14. 14.賑わう町
  15. 15.二人の父
  16. 16.聞いておきたいこと
  17. 17.故郷の状況
  18. 18.素直な気持ち
  19. 19.止まらぬ崩壊(モブ視点)
  20. 20.一つわかること
  21. 21.次の職業は
  22. 22.別れの時
  23. 23.道案内は
  24. 24.これから住む場所
  25. 25.新しい生活へ
  26. 26.終わりと始まり(モブ視点)
  27. 27.違う場所で
  28. 28.当てにならない地図
  29. 29.年齢よりも
  30. 30.少し抜けた姉
  31. 31.顔を見れば
  32. 32.形式的な面接
  33. 33.新しい人生(モブ視点)
  34. 34.新しい仕事
  35. 35.過去のことは
  36. 36.人気の理由
  37. 37.疑いの目(モブ視点)
  38. 38.名前も知らない人
  39. 39.腹の探り合い
  40. 40.直球な質問
  41. 41.不安なこれから
  42. 42.朝の来客
  43. 43.手札の使い方
  44. 44.早かった再会
  45. 45.各々の考え(モブ視点)
  46. 46.待ち構える者達
  47. 47.真っ直ぐな人
  48. 48.心配性な彼
  49. 49.気にしない彼
  50. 50.つけてくる者
  51. 51.薄暗い中で
  52. 52.狂気の刃
  53. 53.仮面の裏に
  54. 54.蘇った男
  55. 55.未知への恐怖
  56. 56.密かな対策
  57. 57.操りし者
  58. 58.ぶつかり合う魔法
  59. 59.大切な実験体
  60. 60.迫りくる危険
  61. 61.重要な役割
  62. 62.必要な挨拶
  63. 63.警戒される騎士
  64. 64.打ち明けるべきこと
  65. 65.得られた納得
  66. 66.新しい護衛
  67. 67.聖女の過去
  68. 68.辛かった過去
  69. 69.騎士の過去
  70. 70.決して諦めず
  71. 71.追いかけてくる者
  72. 72.戦う覚悟
  73. 73.対策された攻撃
  74. 74.違和感のある人選
  75. 75.燃やせないなら
  76. 76.現れない首謀者
  77. 77.爆発する肉体
  78. 78.弄ばれる命
  79. 79.悔しい安心
  80. 80.増援の騎士団
  81. 81.当初の目的
  82. 82.同僚の正体
  83. 83.彼女の目的
  84. 84.浅い関り
  85. 85.落ち着かない日々
  86. 86.つけてくる者(モブ視点)
  87. 87.訪ねて来る者
  88. 88.侮れない情報網
  89. 89.騎士団の落ち度
  90. 90.事情の説明
  91. 91.騎士団としては
  92. 92.危険があっても
  93. 93.変わらない様子
  94. 94.強かったなら
  95. 95.同じ印象
  96. 96.驚くべき訪問者達
  97. 97.謝るべきは
  98. 98.かつての彼女は
  99. 99.見えない目的
  100. 100.数々の可能性
  101. 101.それぞれの役割
  102. 102.調査の中で(モブ視点)
  103. 103.詮索するなら(モブ視点)
  104. 104.得られた情報
  105. 105.接触された事実
  106. 106.当然の戦い