「君の代わりはいくらでもいる」と言われたので、聖女をやめました。それで国が大変なことになっているようですが、私には関係ありません。

作者 木山楽斗

450

190人が評価しました

★で称える

レビューを書く