コグマと大虎 ~捨てられたおっさんと拾われた女子高生~

作者 京衛武百十

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全106話

更新

  1. 捨てられたおっさん
  2. 拾われた女子高生
  3. 大虎
  4. 大虎には関わるな
  5. 趣味
  6. ディーノ246GTティーポM
  7. 確実な根拠まではないが
  8. そんなやせ我慢してないでさ
  9. 牧島金剛
  10. 悪目立ち
  11. 部屋の灯り
  12. 疑われただけでアウト
  13. スポブラくらいは
  14. 強かに生きていくタイプ
  15. 似たタイプ
  16. 未成年で何が悪いんだよ!
  17. 子供を買う大人
  18. オッサンのクセに……
  19. ウイークポイント
  20. 住み込みの家政婦
  21. 戦化粧
  22. ケバいメイクは
  23. 学校での大虎の様子はどうよ?
  24. 家族ごっこ
  25. 食の好みは合致しても
  26. 人間嫌いと人たらし
  27. そういうクルマ
  28. TN360型バモスホンダ(バモス4)
  29. お前、ロックだな……
  30. こいつのこういうとこ
  31. 腹ん中じゃ舌を出しながら
  32. <まともな親>なのかねえ……
  33. なんかこのクルマだったらアリかもな
  34. 大虎って言うな……
  35. 最高にバカになれる最高にイカれたクルマ
  36. 俺はカッコ悪いよな……
  37. 俺とだから嫌じゃない
  38. 成人年齢
  39. グルーミング
  40. 良好な関係を築けてれば
  41. 俺の人生は俺自身のもんだ
  42. 欲しいもの
  43. 有り得ない
  44. 本当にままならん
  45. 自制心も知能も足りねえ大人のなりそこない
  46. あくまでその当人を見る
  47. 可愛い子供
  48. そもそも頑として断っとけば
  49. ありがとうな
  50. 仮の親子
  51. オレの前で他の奴を気遣うな!
  52. 今の羅美の<素>
  53. 好きになった相手がたまたま
  54. 親にとって完璧に都合のいい子供
  55. 他所様の子供を
  56. 『どうしよう……』と思わされることの連続
  57. 命を尊重しろなんて綺麗事だ!
  58. <優しさ>なんかじゃない
  59. <アリバイ>が必要
  60. 真っ向から否定してる
  61. 子育てなんてできるはずがない
  62. 結婚に価値を見出せない自分にこそ
  63. 高校を卒業
  64. 裏マニュアル
  65. 通信制の高校
  66. 通信制もやってるよ?
  67. 年越しラーメン
  68. そういう社会の是非について
  69. なんでお前みたいな奴のために
  70. 保護者の間でもいろいろ
  71. こんなこと言われて嬉しいか?
  72. 他者をサンドバッグにして
  73. もしかして娘さんからか?
  74. てめえがやらなきゃいけねえこと
  75. 加害者側に回ることは成功を担保してはくれない
  76. 可愛げのないクソビッチ
  77. それが俺も楽しくてよ
  78. ダセえ奴
  79. 憐れな奴がそれだけこの世には
  80. 労多くして功少なし
  81. 込み入ったことを訊いて……
  82. いい成長
  83. 実は一体じゃない
  84. 安らげる時間が必要だ
  85. できねえってんならてめえも
  86. 法を理解し守れや
  87. このくらい真剣に
  88. スクーリング
  89. 黒歴史
  90. こいつの父親、中卒なんだな……
  91. むしろ真面目に
  92. なにとぞ、よろしくお願いいたします
  93. 願書提出
  94. そんな愚かな時期を経験として経たからこそ
  95. 真っ先に羅美のことが
  96. あんな運転するような奴に
  97. 子供のおつかい
  98. 話によると
  99. 他所様の事情に口を挟むな
  100. もう嫌だ! 帰る! 帰るーっ!!
  101. 弱みを見せたくなかった
  102. うち、この子のこと
  103. さすがにビンボくさいな~
  104. 赤ん坊がいる普通の生活
  105. 自身の考えを客観的に見るために言語化してるだけ
  106. さあ、今日はどこに出掛けようかな