「右目の奥は、いつも空っぽ」【カクコン2021短編賞・参加作】

作者 水ぎわ

怖さの向こうに突き付けられているもの。

  • ★★★ Excellent!!!

文章であれ、形あるものであれ、何かを『創作』する人は、このお話に特別な “怖さ” を感じるのではないでしょうか。
確かに、書かれている事象そのものが怖いです。
でも。
登場する小人が囁く誘惑の言葉が、もしも自分に向けられたとしたら。
そう想像した時、惑わされない、迷わない、と言い切れる人が果たしてどれくらいおられるでしょう。
そう考えた時、また違う “怖さ” を感じるのでは、と思います。

是非お読みになって、今一度、自分が造るものの事を考えてみてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

芸術、才能。
それは、ここに書かれている彫刻家だけの話ではない。
カクヨムで小説を書くことも、同じ狂気を内包してなんて、あっという気づきます。

ゾワリ、ゾワリと恐ろしさが伝わってくるホラー作品。
続きを読む

静野 ふゆさんの他のおすすめレビュー 242