「右目の奥は、いつも空っぽ」【カクコン2021短編賞・参加作】

作者 水ぎわ

『怪奇的な怖さ』と『人間的な怖さ』が同時に這い寄ってくる

  • ★★★ Excellent!!!

この作品では彫刻家にスポットライトが当たっていますが、これは小説家にも同じことが言えるなと思いました。テーマの部分でとても考えさせられました。
嫉妬はとても醜いものである。と同時に、なければいけない人たちもいて、そういうのが創作家というものなのかなと。

秀逸なのが、『怪奇的な怖さ』と『人間的な怖さ』の両方の怖さを同時に描いていること。それと、主人公の成長もしっかりとあるので、ホラーの要素を抜いたとしても読み物として成立していること。ホラーでごまかそうとしているのではなくて、完成されたエンタメ物語の中にホラーが描かれている。
だから読みごたえもあるし、読後感も良かったです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

詩一さんの他のおすすめレビュー 321