蒸気の中のエルキルス

作者 上津英

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全48話

更新

  1. プロローグ
  2. 檻の中で犯人が綴った自供文より。
  3. 第一章 エルキルスの人々
  4. 「ちょっ、引ったくりー!!」
  5. 『現在、警察が被害者の割り出しに尽力を注いでいるようです』
  6. 「もう数軒回るぞー」
  7. 「グミ。最近ハマってるの」
  8. 「落とした。ハンカチ、落とした。ハンカチ落としたぁ!」
  9. 「じゃ、進言すっかな。それでいいか?」
  10. 「これ、さっき落としたろ」
  11. 「……はっ?」
  12. 第二章 回り出す歯車
  13. 「あんたら警官か! 丁度良かった!」
  14. 「なに、叔父さんそういうことで悩んでるの?」
  15. 「ん? クルト、どこ行くんだ?」
  16. 「俺が本気じゃない時がありましたか?」
  17. 「それも……そうね」
  18. 「うん、一応仕事なんだし受付に来た人の顔は覚えてるって」
  19. 第三章 新たなる被害者
  20. 「あっ、覚えててくれてたんだ、嬉しい!」
  21. 「おはようございますっっ!」
  22. 「イヴェット!」
  23. 「おい、大丈夫か?」
  24. 「どうして貴方がここに?」
  25. 「……んー? むっ、んー!」
  26. 「おぉっ? 話してくれて有り難うな」
  27. 第四章 廃工場のお姫様
  28. 「お前のラジオじゃねぇし。ほら」
  29. 「はい? 噂?」
  30. 「くそっどうしてこんなっ。逃げるぞ!」
  31. 「申し訳ありませんが私は医者ではありませんのでね!」
  32. 『はい、喫茶ポピーです』
  33. 第五章 工業区
  34. 「しかも一人かよ。お前の大事な姪はどうした」
  35. 「相談? んなの誰がお前にすっかよ!」
  36. 「それは貴方の字が汚いからです!」
  37. 「リチェが、馬鹿なんだ。でも……助けたくて」
  38. 「早速教会に行くぞ。着替えはそこでしてくれ」
  39. 「ノア君、怖い人になってるよ?」
  40. 「そういう問題じゃない……! 女の子は別だよ……」
  41. 「古典的だな、二十一世紀みてぇ」
  42. 「顔見知りなだけです」
  43. 「ノアさん……どうする?」
  44. 「なんだよ赤毛! さっさと受け取れや!」
  45. 第六章 不便な世界
  46. 「……なあ、お前このまま警察署帰る?」
  47. 「ノアが? 別にいいけど、なんだこれ? 菓子?」
  48. 「あ、叔父さん。おはよー!」
  49. 「ん? 俺は数に入れてくれないのかよー……」
  50. 「叔父さんに、ノアさんが、用?」
  51. 「イヴェットォ?」
  52. 「はいはい、んじゃーな、ありがとよ姪馬鹿!」
  53. 「言いたくないからだ」
  54. エピローグ
  55. 「…………リチェは出来ないのに?」
  56. 「っ……あー!」(完)