絶対守護領域の礫帝 ~人間ごときが魔王軍四天王を名乗るなと追放されたが、何故か魔王の娘がついてきて、気付けば他の四天王も俺のところに居候してる。仕方がないのでこのまま新魔王軍を作ろうと思う~

作者 龍田たると

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全47話

更新

  1. ▽01.礫帝、追放される。
  2. ▽02.礫帝、他の四天王に引き留められる。
  3. ▼03.三元帥、祝杯を挙げる。→ 二代目魔王、城を出て行く。
  4. ▽04.礫帝、故郷に帰る。→ 二代目魔王、押し掛ける。
  5. ▽05.二代目魔王、居座る。
  6. ▼06.三元帥、企む。
  7. ▽07.礫帝、害虫を焼き払う。
  8. ▽08.二代目魔王、契約する。
  9. ▽09.礫帝、ダンジョンに潜る。
  10. ▽10.礫帝、強さの秘密を知る。
  11. ▽11.雷帝、娘を連れて押し掛ける。
  12. ▽12.雷帝、怒りの理由を打ち明ける。
  13. ▽13.礫帝、悪漢を掃討する。
  14. ▼14.三元帥、罵り合う。
  15. ◇15.二代目魔王、独り思う。
  16. ▽16.氷帝、襲い掛かる。
  17. ▽17.礫帝、氷帝を抱き留める。
  18. ▽18.礫帝、決闘の代理人になる。その1.
  19. ▽19.礫帝、決闘の代理人になる。その2.
  20. ▽20.礫帝、立ち会う。
  21. ▽21.二代目魔王、氷魔族の忠誠を得る。
  22. ▼22.三元帥、焦る。
  23. ▽23.炎帝、合流する。
  24. ▽24.礫帝、エルフを保護する。
  25. ▽25.礫帝、エルフに同盟を申し込まれる。
  26. ◇26.氷帝、炎帝、雷帝、入浴する。
  27. ▽27.礫帝、エルフに鑑定を頼む。
  28. ▽28.礫帝、エルフの族長会議に出席する。
  29. ▽29.礫帝、人間の軍勢を撃破する。
  30. ▽30.礫帝、戦力の増強を図る。その1.
  31. ▽31.礫帝、戦力の増強を図る。その2.
  32. ◇32.氷帝、炎帝、雷帝、こっそりと申し合わせる。
  33. ▼33.三元帥、さらに焦る。
  34. ▽34.礫帝、戦力の増強を図る。その3.
  35. ◇35.二代目魔王、最大級の魔力を手に入れる。
  36. ◆36.ある兵士の独白。その1.
  37. ◆37.ある兵士の独白。その2.
  38. ▼38.三元帥、破滅する。
  39. ◇39.二代目魔王、強く想う。
  40. ▽40.魔王軍、竜の軍勢と対峙する。
  41. ▽41.魔王軍、戦闘に突入する。
  42. ▽42.魔王軍、奮戦する。
  43. ▽43.絶対守護領域の礫帝。その1.
  44. ◇44.絶対守護領域の礫帝。その2.
  45. ▽45.礫帝、三代目魔王に指名される。
  46. ▽46.礫帝、魔王となる。
  47. ▽47.エピローグ