西の桶狭間 ~毛利元就の初陣~ - rising sun -

作者 四谷軒

稀代の謀将・元就の初陣。その片鱗が窺える壮麗な戦記にして青春物語。

  • ★★★ Excellent!!!

知力・体力を尽くした謀略・勇戦の緻密な描写と、心浮き立つ恋に友情、この二つを高いレベルで並び立たせる物語にはなかなか出会えないもの。その稀有な両立を実現した珠玉の物語です。

後に中国を制覇する元就の初陣は、幾重にも苦難に囲まれたものでした。
並みの戦い方では勝ち筋は見えないその逆境を、次から次へと繰り出される謀略と、自ら死中に飛び込む勇気で切り開いていく元就。その様子が説得力をもって語られ、戦闘の描写は目に浮かぶように鮮やかです。
手に汗握る戦いと謀略の合間に描かれる、姫武者との反りの合った掛け合いが楽しいのも出色の戦記物語、ぜひお楽しみください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

明治期の長州藩でも名を轟かしめる「毛利家」の祖、毛利元就。一代のうちに一国人領主から芸備防長雲石の六ケ国を支配する太守へとのし上がった戦国大名だが、その名が知れ渡るのは彼も歳を重ねた頃のこと。そんな… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 一五〇〇年から一五五〇年くらいの中国地方は、大河ドラマとして扱われる優先度が低い時期・地域かもしれません。この作品では、そこに生きる一人の武者が巨大な苦難を乗り越え、中国地方の覇王へと突き進む戦い… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

毛利元就……聞いたことある……。
そんな風に、戦国時代にうとい私ですが、主人公を始め、周囲の魅力あふれる人物、そしてなによりも、女主人公、そう言って差し支えのない、そんなとある女性の活躍と、愛らしさ… 続きを読む

久里 琳さんの他のおすすめレビュー 591