四割・八分・九厘

作者 清水らくは

否応なく盤上に引きずり出される。読むことを止められない、と言う感覚

  • ★★★ Excellent!!!

将棋のことは、全くわかりません。
にもかかわらず、読み始めたら止まれなくなりました。
明るく輝く『太陽』と言う名前とは、あまりにも対照的な生活を送る少年……彼が本作の主人公です。
簡潔で無駄を削ぎ落としたような文章をサクサク読み進みながら、主人公の境遇に胸を突かれ、動き出す運命に目が離せなくなりました。

まだ連載中。
登り始めた太陽は、果たしてどこまで輝くのか。
最後まで見守り、応援したくなる物語です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

古森 遊さんの他のおすすめレビュー 111