君の姿と、この掌の刃

作者 日諸 畔(ひもろ ほとり)

174

63人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

一話目を読み始めたのが数時間前でしたが、気づけば物語に引き込まれて最新話を読み終えていました。
「カムイ」、主人公タケキが持ちうる特殊な力の源、文明を進めさせたその力を巡り暗き陰謀が蠢く中でタケキはリザと言う名の不思議な少女と巡り合う。

登場人物、戦闘描写、日常の掛け合い、どれもが面白くて読み進める目が止まりません。
カムイを基盤とした専門用語も興味深く、レベルの高いファンタジーとして仕上がっています。

重厚なファンタジーを求めているアナタに勧める、素晴らしい一作です。

★★★ Excellent!!!

 安定した描写に特徴の掴みやすい登場人物たち。
 すんなりと頭に入るセリフ回しなどがあり、とても良い作品でした。
 設定についても、比較的覚えやすい単語が多く、扱いもその場で必要なものだけを描くので、分かりやすかったです。
 好みが分かれる作品だとは思いますが、一度は手に取ってみる価値がある作品だと思いました。

★★★ Excellent!!!

ご縁がありこの物語に出会いました。更新分まで読み終えましたので、レビューさせていただきます。

主人公の彼が雨の中、誰かを殺すところから物語は始まります。それから軍を辞めた彼が、とある事情から戦友と仲間と一緒にある場所へと向かい、そしてそこで驚愕の出会いがあります。色々ご紹介したいのですが、本編を読んでいただきたいので、ストーリーはこの辺りで。

初っ端から重厚な世界観とその描写力に圧倒されます。「カムイ」という特別な力にまつわる文明と、現代に通じる銃火器等の文明が違和感なく共存し、一つの世界を作っています。
合間に挟まれる日常からもそれを感じることができ、風景や生活等にまつわる小物まで丁寧に描かれている為、気がつくとこの世界がどんなものなのかを理解し、そして引き込まれていました。

ストーリー構成もお見事で、出会い、説明、目的、日常、そして戦いと一連の流れに全く違和感がなく、それぞれのパートを楽しむことができました。正直、語彙力のない私では、凄い以外の感想が出てきません。

重厚な現代ファンタジーの世界とその中で動く魅力的なキャラクター達。これを読まないなんてもったいないですよ!
他の皆さまも是非読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

世界観はダークなSFといった雰囲気です。『カムイ』という特殊な力と文明の対比が、主人公たちを取り巻く環境を上手く語ってくれています。なかなか面白いと思いました。

個人的に作中で注目してほしいポイントは『スピード感ある戦闘描写』ですね。場面をしっかりと想像でき、淡々と描かれているにも関わらず、主人公たちの息遣いまで聞こえてきそうな迫力を感じました。

難しいと思えるジャンルを、しっかりと描いている良作だと思います。
今後の展開にも期待大です!!

★★★ Excellent!!!

 カムイという異能、カミガカリという異能者、それが跋扈した過去の戦争ーー。そんな素敵な存在がこの作品では大きな光を放っている。もちろんそれはこの作品の魅力の一つだ。
 しかし、僕としてはそれ以外にも、作中に登場した金属製の筒をすこりたい。何故なら、こうした補助技術とそれに即した小物の存在により、カムイというファクションに更なるリアリティが生まれるからだ。
 この作品の最大の魅力として、私はリアリティを押したい。人間の心の機微、禍根を残した戦争の記憶、異能とそれに基づく文化。それらが絡み合うことで、この作品の世界は肉感を伴って立ち上がっている。SFなどの非現実を足場にした創作物で、それが出来るのは凄いことである。
 良きかな(河の神)

★★★ Excellent!!!

【物語は】
ある一文から始まるのだが、強調の効果を上手く使っている印象。
この物語は緊迫した一場面から始まっている。本編に入るとこの世界の歴史について触れており、そこから現在の国の様子や、人々の様子などを知ることとなる。その後ガラッと雰囲気が変わり、主人公の日常風景が描かれていく。ここで分かって行くのは、主人公の普段の様子と、同僚との関係などについて。とても丁寧であり、分かりやすく、滑らかな文体であると言える。人が体験しそうな事柄について、追って感想を漏らすところや、視線を追うように感じる情景や人物描写はとても自然で、まるで映画を見ているような気分になる。

【物語の魅力】
巧い人にも、いろいろとタイプがある。例えば、話しの展開に繋がりがあり、結果必然性で作られていると感じるタイプ。モチーフの活かし方が秀逸で、メッセージ性を強く感じるタイプ。構成自体が神がかっているタイプ。この物語は、この3タイプとはまた違う巧さを感じる。というよりも、どれもしっくり来ない。流れに無駄がなく、とても巧い。巧過ぎて、『こうだ』と明確にいうのが難しいというのが、近いかも知れない。必要な情報が流れるように読者に与えられていくので、まったくストレスを感じない。言葉にするのが難しい類の巧さという意味合いである。

冒頭に戦うこととなる人物を含まなければ、中途の拝読で主要人物は主人公を含め三人。同僚と上司にあたる人物。それぞれに個性的で、簡単に見分けがつくほど個々性格や言動が違う。しっかりとした世界観、個性的な登場人物。この物語がどう冒頭の場面に繋がっていくのか。そこが現時点では、分からないところが見どころの一つなのかもしれない。3Pあたりからは本題に入っていくのか、含みなどもあり、これから何が起こるのだろうかと、好奇心が刺激されていく。

【登場人物の魅力】
主人公を含む三人は、確かに性格も違い個性… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

主人公は特殊部隊として活躍し、今は一般人と同じように暮らしていて、かつての戦友が仕事を持ってきてな感じで物語スタート。
全体的にシリアスが強い作品ですが、重々しくなることないのは会話文ですかね?
非常に読みやすかったです。
あとは、戦後から始まるのが斬新だなと。
何よりすごい凝った世界観です、その世界観に浸れると、あっという間に読み進められます。
情報量多いかもですけど、すごくわかりやすく書かれているので、安心してご一読を。

★★★ Excellent!!!

 SFっぽいけど異世界ファンタジーっぽい、だけども近未来のようであり、むしろ全複合?何処か地球に似た文明も持っている惑星の社会、という雰囲気で読み始めると、世界観がつかみやすいかも……いや違うかな……異世界ファンタジーが近未来SFに浸食された感じ?
 こんな風に、人に薦める場合のジャンル説明がとてつもなく難しくて、レビューとしては世界観が表現しにくく、これは読んでもらうしかないな、という作品。とにかく肌で感じろ!という路線です。

 キャラクターのダークな過去や経験の設定も、刺さる人が多いはず。
 文章のリズムが良く、削ぎ落された鋭敏な文体は読みやすさもあり、スピード感が心地よい。各登場人物と、その相関も魅力的です。
 主人公に一本の強い芯があり、全くブレないところ、男が惚れる男という感じ。硬派なタイプだけど、斜に構えているわけでもない。

 読んでいて見える色のイメージは、白少な目、黒そこそこ、灰色多め、差し色に赤って感じです。あと夕立の後のアスファルトとか土埃の匂いがする。もはや説明を五感に頼るっていう、レビューまでかつてない書き方をしてしまってますが。そういう空気感でありながら、閉塞感がなく、重すぎない絶妙バランス。

 とにかく面白く、埋もれさせてはいけない作品です。

★★★ Excellent!!!

文章が読みやすく、ページをスクロールするのが止まらない作品でした……!

戦争の話でも、戦後から始まる物語なのですが、そこが新鮮だなぁと感じました。

世界観的にシリアスな感じがあるんですが、タケキとホトミの会話とのギャップに惹かれるものがありました。

ひとこと紹介にも書きましたが、「読みやすいけど、設定が凝っている作品を読みたい!」という人にオススメの一作です!

★★★ Excellent!!!

本作ですね、かなり読者を選びます。つまり本作を気に入った読者は「選ばれし読者」です。何だかかっこいいでしょう。
多分ですが、作者はすごく楽しんでる。そうじゃなければ滝行みたいなことをやってる。「俺の遊び(もしくは修行)について来れるかァ」って言われてる感じ。一緒に遊べる人はもう寝食忘れるくらい楽しいと思います。
戦記物、ハイファンタジー、SF、どれとも言えるしどれでもない。
多分カクヨムどころかなろうやライト文芸のノリ、流行、潮流、どれにも媚びることなく自分の世界をこれでもかってくらいに展開している。
悪く言えば自慰。よく言えば先鋭芸術。
どっちと取るかは読者次第。
1話目だけでも読んでみることをおすすめします(こんな言い方失礼かなァ)。本作、かなりの珍味です。読むと世界が広がります。「あ、こんなのありなのか」ってね。

★★★ Excellent!!!

簡潔に纏められた文章で、無理なく設定を受け入れやすい。
シリアスな世界、全体的に張詰めた雰囲気にありながら緩急はしっかりとしている。

能力といってもありきたりなチート的なものではありませんので、ご安心してお読み頂けるでしょう。
まだ始まったばかり故に差し障りのない内容のレビューとなりますが、スモーキーでダークな本作品。

主人公達がこれから何を成していくのか、共に見届けませんか?

★★★ Excellent!!!

本作結果から言いますとかなりの良作です
全体的にシリアス感が強い作品です
主人公は特殊部隊として活躍していたが今は退役軍人で一般人と同じように暮らしている
かつての戦友がいつもどうり仕事を持ってきたが
現場の様子がおかしい
そんな感じで話が動き出します
良いところは今回は絞って数個程に
まず一つ目
空気のメリハリですね
シリアス作品にありがちなことで日常会話がシリアスっぽくなってしまう事がよくあるんですが
本作そんな所は見られない上に日常会話に乗せられた戦友同士の信頼感が解りやすく表れていて良いですね

ニつ目
世界感ですね
舞台は戦争後
なおかつ負けた国
今までその国独自で扱ってきたカムイと言うと技術の使用禁止
カムイの使用禁止になった事で潰れ放置された町外れにある工場
そこに向かう主人公とその仲間
こんだけ揃っているんです
何か起こらない訳もない
この仲間がどうかなってしまうのではないかはらはらしてしまうような要素でを十二分に引き出すことが出来てますね

そして三つ目
二つ目を見て思いませんか?
凄い情報量だと
これ序盤で出ます
これが簡潔になおかつ理解しやすく書かれています
情報量が多ければ物語の深みも増します
まだ主人公や戦友等の過去などが深く語られていないのでこの先どの様に物語が進んで行くのか今から待ち遠しいですね

最後は気になる所を……
文章が段落分けされてないのが少し読みづらいってところ
紙ではなくウェブなのでもっと広々と使うほうがいいでしょうね

総評ですが
ノベル顔負けの文章力
シリアス感を十分に押し出しながらも、日常会話ではシリアス感が混ざることはなく
登場人物の過去が気になる奥の深い作品となっている