ホラーのオチだけ置いていく

作者 春海水亭

403

141人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

そういうモヤモヤがとにかく残り続ける。

一話を読み切れば完全に内容を理解できるかと言えばそうではなく、
「え? じゃあ、いったい何が? え!?」
という、より恐怖心を煽られるものが多かったです。

ホラーを読みなれている人は、もしかしたらすべての話の内容を前後合わせて想像出来たのかも知れません。それはそれで面白いでしょう。しかし、読みなれていないからこそ、読後のあとを引く恐怖を味わえるのかも知れません。





「え? なんです——」

★★★ Excellent!!!

なにかがあったという未明の不気味さに背筋を冷やしながら一気に読み切ってしまいました。
この短い文章でここまでの不気味さを表現できるということに感動すらしてしまいます。
ただし今日、いえ昨日ですね、の更新については読む前に注意が必要です(タイトルの漢字、なんて読むんでしたっけ?)。
驚く程に長いので、まだ途中なのにすっかり外は暗くて暗くて。


……僕にはセンスがないことが分かりました。
やっぱり筆者様はすごい。

★★★ Excellent!!!

ホラーのジャンルに得てして付き物の「なぜそうなったのか」、「これからどう立ち向かうのか」という憑き物落としは、読後感を良くするかわりに納得感や安心感を与えてしまいます。遠慮なく怖がりたい、というときにはそれが煩わしく感じることも時折ある。

その点本作は、明確な始まりが示されず、これといった終わりもないまま終わる、ある種突き放したようなシチュエーションだけを提示しています。結果として、想像力が掻き立てられ、行き場のない不安感を愉しむことができる。

言葉選びだけにとどまらない、筆者のセンスを強く感じます。

★★★ Excellent!!!

"純粋な恐怖"、というより"気味の悪さ"がジワジワを染み出してくる短編集。
一つ一つの話は短く、それこそちょっとした休憩中なんかに読めるので、お手軽に嫌な気持ちを摂取できる。
そして、それぞれの話は独立しているようでいて、つながっているようにも見える。
共通するキーワード、前後する時系列、淡々とした末路(オチ)……そこに自分なりの"理屈"をつけたとき、そこに新しいホラーを見つけてしまうかもしれない。

★★★ Excellent!!!

ホラーの美点は「怖いところ」で、難点も「怖いところ」。
前者はゾッとする、日常を掻き乱し、引っくり返すような恐怖。
後者は不安、喪失、後悔、絶望、負の感情を呼び起こす恐怖。

第三者視点のラストシーンを纏めた本作は、難点を描かず、美点だけを凝縮している。

★★★ Excellent!!!

この発想できなかったのが悔しいです。
オチが美味しいんだからひたすらオチだけ抽出するって作り方、考えてみればありだった筈なのに俺はできなかったのか……と書き手として悔しい……!
そして悔しいことに面白い!
想像しちゃうんですよ……
この前後の経緯とか、何が蠢いているとか、そういうの!
想像を掻き立てるという一点で突き抜けてくる作品でした!