貧乏華族のため誰も貰い手がなかった令嬢は、舶来品の機械天使に愛される

作者 猫島 肇

各エピソードのタイトルも味があって好きです。

  • ★★★ Excellent!!!

作者様の豊富な語彙と文章力の高さが、本作品を一介のweb小説とは一線を画する上質なものにしていると感じます。
長文のタイトルだけを見るとありふれたライトノベルのようですが、中を覗けばweb小説らしくない硬質な文体で、見事に意表を突かれました。

令嬢と機動召使のやり取りはぎこちなくもどこか微笑ましく、何気ない日常の描写や風景の描写などに伴って双方の微妙な感情の動きが緻密に描かれているところが秀逸だと思います。

第一か条まで読んだ上での感想ですが、この先も楽しく読ませていただきたいと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

サンダルウッドさんの他のおすすめレビュー 93