後ろの席のぎゃるに好かれてしまった。もう俺は駄目かもしれない。

作者 陸奥こはる

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全70話

更新

  1. 1章:恋人になるまで編
  2. プロローグ:シャワーを貸した
  3. 01.そんなに悪いヤツではないのかも
  4. 02.台風で電車が止まったから泊めてとは
  5. 03.意外と家庭的
  6. 04.惹かれ始める?
  7. 05.恥ずかしい台詞
  8. 06.もう一回あげるね
  9. 07.結婚でもすれば別だが
  10. 08.多分スマホを握りしめて待ってた
  11. 09.一緒にお菓子つくろ
  12. 10.恋のキューピット? そして小玉メロン
  13. 11.無意識と無自覚の行動
  14. 12.だいぶもう駄目になりかけている
  15. 13.妙に具体的な
  16. 14.ちゅっちゅ
  17. 1章終話:恋人
  18. 1章EX.そろそろ
  19. 2章:いちゃつき始める二学期編
  20. 2章プロローグ:人前でいちゃついてあと帰っていいよ
  21. 2章01.そのままでいーの!
  22. 2章02.機嫌と気分を直しましょう
  23. 2章03.かふぇ
  24. 2章04.お店の制服を着た志乃
  25. 2章05.紅葉
  26. 2章06.幼女の来訪
  27. 2章07.入らないと駄目?
  28. 2章08.そんなに大きかったのか
  29. 2章09.捉え方の問題
  30. 2章10.楽しみ
  31. 2章11.学祭を忘れているのではないか
  32. 2章12.お手伝い
  33. 2章13.世界はそれを青春と呼ぶんだぜ
  34. 2章14.いいんちょ爆発しなさい
  35. 2章15.面接と男の娘
  36. 2章16.男の娘feat.チャイナドレス
  37. 2章17.笑顔が好き
  38. 2章18.知らないうちに周囲の生きる希望に
  39. 2章19.思い出に残る学祭
  40. 2章20.そして、アラサー女教師はウサギになった
  41. 2章21.必死なウサギ
  42. 2章22.それは駄目な気がしたので
  43. 2章23.彼女がいるとモテ始める謎の現象
  44. 2章24.普通は変態って思うんじゃないかな
  45. 2章25.優しいからね
  46. 2章26.だから勉強頑張ろうな
  47. 2章27.テスト当日
  48. 2章28.ちょっとしたことで不安になってしまうのは好きだから
  49. 2章29.気づかい
  50. 2章30.終業式と始まったクリスマス・イブ
  51. 2章終話.か、覚悟決めたから
  52. 2章EX.冬休みは始まったばかり
  53. 3章:なかよし冬休み編
  54. 3章プロローグ:年末年始
  55. 3章01.おみくじ
  56. 3章02.確かにそんなことを言っていた
  57. 3章03.びしょ濡れ
  58. 3章04.温泉に行こう
  59. 3章05.神は言っている。”混浴しなさい”と
  60. 3章06.覚悟が決まっている女の子は止まらない
  61. 3章07.あおーん
  62. 3章08.後戻りは出来ません
  63. 3章09.大事な一枚はちゃーんと撮ってるの
  64. 3章終話.電話とぼっちだった理由
  65. 3章EX.てい!
  66. 4章:バレンタインに修学旅行、いろいろ忙し三学期編
  67. 4章プロローグ:始まる3学期と委員長の涙
  68. 4章01.教室内の争いを鎮めたのは
  69. 4章02.バイトを頑張るおまじない
  70. 4章03.男の娘は寂しい
  71. 4章04.いちゃいちゃは忘れない
  72. 4章05.バレンタインは女の子が勇気を出す日
  73. 4章06.着々と埋められる外堀。結婚ルート確定?
  74. 4章07.バレンタイン当日