誰れや詠む もうこんなにも ない地でも~頭頂部薄めのアラフィフは滅びゆく異世界を救うため、一句吟じます~

作者 南方 華

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全32話

更新

  1. 第零髪 引き換えの 毛根何も 無い頭部
  2. 第一髪 慎太郎 という男の 人となり
  3. 第二髪 森の中 回る轍で 目を覚ます  
  4. 第三髪 再びの 危機に男は 詠み上げる 
  5. 第四髪 空を駆け 黒き巨人と 対峙する
  6. 第五髪 祝宴で 杯あおる彼に 皆笑顔 
  7. 第六髪 花の香 薫る寝室 身寄せられ
  8. 第七髪 夢なのか ありふれた日に 落つる髪 
  9. 第八髪 真剣に 向き合う姿 手に異本 
  10. 第九髪 拍子抜け げに素晴らしき 夜はしじま
  11. 第十髪 邪魔者と むげな扱い 父寂し
  12. 第十一髪 滅びゆく 地へ舞い戻る 薄き者
  13. 第十二髪 もこもこの 鳴く声未来 暗示する
  14. 第十三髪 書を読みて 世界のことを 深く知る
  15. 第十四髪 馴染み深い 風呂場の景色 いい湯だな
  16. 第十五髪 屈強な 男の過去を 知る機会
  17. 第十六髪 束の間の 日常という ありがたさ
  18. 第十七髪 冒険の 気持ち高鳴る 迷宮へ
  19. 第十八髪 頭にくる 笑いふりまく 大地神
  20. 第十九髪 毛を求め 激しさを増す いくさばよ
  21. 第二十髪 また一歩 獣の影が にじり寄る
  22. 第二十一髪 懸命の 大脱出や 結末は
  23. 第二十二髪 苦難越え 大地のカミと いざさらば 
  24. 第二十三髪 垣間見る 日常の朝 穏やかで
  25. 第二十四髪 いざ西へ 風そよぐ旅 潜む陰
  26. 第二十五髪 羽衣に 恋焦がれるも 塩対応
  27. 第二十六髪 君は聞く 湖面に映る 物語
  28. 第二十七髪 君は識る 毟り取られた いのち達
  29. 第二十八髪 君選ぶ 数々の想い 噛み締めて
  30. 第二十九髪 決意する 艱難辛苦 乗り越えて
  31. 第三十髪 カミハエの 羽衣求め 挑む課題
  32. 第三十一髪 意外にも ゆめまぼろしは すぐうつつ