沙羅双樹

作者 星都ハナス

今の混沌とした時代に読むべき作品です

  • ★★★ Excellent!!!

重いテーマですが、読むべき作品だと思います。

信仰とはなんだろう、家族ってなんだろう。
幸せになるための信仰が、家族をバラバラにしてしまいます。
私たちの周りにはたくさんの宗教が存在します。
そのどれもが、本来ならば人を救うものです。
マインドコントロールされた母親、久美子の子どもとして生まれた”沙羅”と”双樹”
私自身も宗教に翻弄された恋の話を書いたので、凄く感情移入しながら読みました。
(実話を元にした)

【沙羅双樹】
今の時代に読むべき作品だと思います。
読み終えて、これは愛をテーマにされた作品なのだと思いました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

「沙羅」と「双樹」。
二人は新興宗教にどっぷりとハマった母親・久美子のもと、生まれた時から厳しい教えを叩き込まれてきました。
幼い頃は教え以外を知らずに育ち、成長していくに従って、歪んだ教義、体制に… 続きを読む

あいるさんの他のおすすめレビュー 845