その②


                  ***


「おぉい、ウィル。例の件なんだが……」

 いつものようにズカズカと部屋へと入ってくるのは、私の部下であり、幼なじみのダニエル。あいしようダニー。

 筋肉をきたえることがしゆの男だ。

 彼女の存在に気付いたダニエルが気まずそうに部屋を出ようとするのを、引きめた。

「とりあえずそっちに……」

 机を指差してから、彼女をチラッと見やりそこで待つように伝える。

 何となく後ろめたい気持ちが残っているせいか、正直ダニエルがこのタイミングで部屋に来てくれたことにホッとしている自分がいた。

 ダニエルから受け取った書類は急ぎの案件ではなかったが、とりあえず指示を出し、サインをしてからかれに戻す時にふと、彼女の方へ視線を向けると。

 彼女は大人しく待っているどころか、何のえんりよもなく、満面のみをかべて次々とテーブルの上に並べられたを口にしているではないか。

 ぜんとして見ていると、ダニエルもその姿に気が付いたようで、かたふるわせて笑っている。

 ようやく気付いた彼女は、ぎこちなく口いっぱいに菓子を頰張ったままの顔をこちらに向け、イタズラを見つかった子どものようにバツの悪そうな顔をした。

 そしてカップの紅茶を飲み干しテーブルに戻すと、とつぜん衣服の乱れなどをチェックし、背筋をピンとばしてから、

「そちらのお話はもう終わりましたの?」

 と、令嬢らしく微笑ほほえみを浮かべながらのんびりとした口調で話しだしたのだ。

 大方そうとしたのだろうが、そんなことで誤魔化せるはずもなく、たまらず声を上げて笑いだすダニエル。

 その目にはなみだまで浮かんでいる。

 あまりにも分かりやすい誤魔化し方に、思わず私まで声を立てて笑っていた。

 声を出して笑うなど、いつぶりだろうか。

 ダニエルの用事も終わり、机から彼女のいるソファーへと場所を移す。

 先程口いっぱいに菓子を頰張っていた姿に『まるでシマリスだな』などと思い、テーブルの上に残っている菓子を手に取り、思わず彼女の口元へ持っていった。

 彼女は反射的に口を開けてパクついた後、『しまった』という顔をしながらも、口はモゴモゴとしっかり動いている。


 ……なんだ、この可愛かわいい生き物は!


 女はわずらわしく、可愛いと思うなどあり得ないし、今後もないと思っていたのだが。

 自分にもこんな風に思える感情があることにまどいながらも、この可愛い姿をまた見たいと思う。

 そんな自分の感情を不思議に思いながらも、また一つ菓子を手に取り、再度彼女の口元へと持っていく。

 今度はなかなか口を開こうとしない。

 こうなると、無理にでも食べさせてやろうという気になるものだろう?

 彼女がまん出来ずに口を開くのが先か、私が諦めて手を下ろすのが先か。

 まあ、負ける気はしないが。

 結果はやはり彼女が根負けし、私の勝利である。

 困ったようにまゆをハの字に下げながら、何か言いたそうな目でこちらを見る姿も可愛らしく、なぜか彼女から目が離せない。

 向かい側で笑いすぎてけいれんを起こしているダニエルは放置だ。


 使用人が「国王陛下がお呼びです」と呼びに来たところで、みなが待つ応接室へリリアーナといつしよに向かう。

 リリアーナはかなり小さく、並ぶと私の胸の辺りにつむじが来る高さしかない。

 それゆえ歩くペースはかなりおそく、だんであれば面倒で置いていくところであるが。

 なぜだか不思議と自分の歩くペースを落とすことに不満を感じない。

 それどころか、彼女はダニエルにおかしなあだ名を付けてみたり『鼻毛が三倍速で伸びる』などという、地味にいやのろいを掛けると言ってみたり。

 ……本当に、こんなに笑ったのはいつぶりだろうか。

 普段の倍以上の時間を掛けて歩いたはずだが、なぜだかあっという間に応接室にとうちやくしたように感じる。

「どうだ? お前の婚約相手は、このリリアーナじようが良いのか。それとも他の令嬢に……」

「私の婚約者には彼女を、リリアーナを望みます」

 国王が話しているちゆうではあったが、思わず被せるようにそう言っていた。

 今更他の女を選ぶなどといった面倒なことは考えたくもなかったし、何よりこの小さく可愛らしいリリアーナのことを、私はかなり気に入ってしまったのだ。

 彼女となら、今後もきっと退たいくつなどしないだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る