その②


                 ***


「……どうしても行かなければいけませんの?」

 困ったようにまゆをハの字に下げて、だとは思っていても最後のていこうを試みるリリアーナ。どこかで見たような光景である。

 実はこの三日間、何とか婚約話をお断りするすべはないものか、色々考えてはみたものの、全くいい案が浮かんでこなかったのである。

 一度婚約が確定してしまえば、余程のことがない限りこちらから破棄することはまず無理であろう。

 ということは、だ。

 本日の登城で何とかそれをなかったことに出来なければ、リリアーナは次期王太子の婚約者になるということだ。

 王太子、それは将来の王妃である。

 この国に限らず王太子の婚約者は、成人前までに決められることがほとんどである。

 それというのも、将来王妃になるためには十年以上掛けて『王妃教育』なるものを受けなければならないためである。

 けれども、王太子にほぼ決定している第一王子ウィリアムはもう二十三さい

 ウィリアム殿下が成人しているということは、かれと婚約なんてことになった場合、本来十年以上掛ける王妃教育をわずか数年で吸収しなければならないわけで。

 ……なんて面倒くさい!

 しかも王宮でのきゆうくつな生活をいられるのでしょう?

 激しく登城したくないと思ってしまうのは、仕方がないですわよね?

「リリ? 国王陛下よりじきじきおおせつかったのはリリとイアンだろう? あきらめてさっさとたくしなさい。モリー、たのんだぞ」

かしこまりました」

 オリバーから丸投げされたモリーは手をワキワキさせながら、とてもなごやかにリリアーナへと近付いていく。

「ちょっと、モリー? あなた私の味方ではなかったんですの? その手は何? やめっ、来ないでっ、ニャァァァァァアア……」

 リリアーナの叫びはむなしくひびくのだった。


 王宮のとある一室にて。

 モリーによって可愛らしく変身させられたリリアーナをはさむようにして、オリバーとジアンナが。そしてテーブルを挟んだ向かい側には、国王と王妃が腰を下ろしている。

 かんじんな氷の王子様は同席していない。

 げんきようである本人がいないため『もしかしてこの婚約は無効になるのでは?』とリリアーナはひそかに心をおどらせた。

「ウィリアムは仕事が片付きだい、こちらに来ることになっておる。それまでの間に、ぜひともリリアーナじようの話を色々と聞かせてもらえぬだろうか」

(ええ~っ! なぜ来るんですの?)

 心の中でがっくりと首を垂れるリリアーナ。

 王族側とヴィリアーズ家側の温度差がかなり感じられる程に、国王と王妃はニコニコとご機嫌であり、ヴィリアーズ家は複雑そうな表情をしている。

 国王の言葉に「近いうちしんせきになるのだし」というような意味がふくまれているのが伝わってくる。

 色々と言われても一体何を話せばよいのか。

 余計なことを言ってしまいそうで言葉が出てこないリリアーナに代わり、オリバーが仕方なく口を開く。

「リリアーナは三人おります子どもの中でゆいいつの女の子でして。あまやかして育ててしまったせいか、いささかのんびりといいますか、マイペースな子に育ちまして……」

 言葉を選びつつも『だから王太子妃は務まりませんよ』アピールをしてみるのだが、国王と王妃は全く気にするりを見せない。

「ウィリアムがカチカチのかたぶつだから、マイペースなくらいの方が丁度良いのではないか?」

 そう国王は楽しそうに言う。

 王妃は可愛い女の子がしかったそうなのだが、生まれたのは王子ばかり。

 ……王子ばかりではあったが末っ子の『天使様』と呼ばれるホセ殿下の愛らしい姿にまんが出来ず、幼少期は可愛らしいしよう(ドレスとか、ドレスとか、ドレスとか)をえ人形のごとく着せていたらしい。

 けれども、ある時からホセ殿下が全力できよするようになってしまったという。

 そこまで拒否されてしまっては仕方がないと、一度は諦めた王妃だったが。

 お茶会に、ある伯爵夫人がとついできたばかりの義娘むすめいつしよに参加し、とても仲良さそうにしているのを見て、三人の王子達のおよめさんに期待しようという考えに至ったらしい。

「義娘達と一緒にお買い物したり、お洒落しやれなカフェでお茶を楽しむのが夢なのよ」

 王妃はとても楽しそうに満面の笑みを浮かべた。

 リリアーナは、どんどんげ道をふさがれて、どうにも逃げられないじようきように追い込まれていく。

 国王様と王妃様がダメなら、当の本人であるウィリアム殿下にてつかいさせるしか方法はなさそうだ。

 どうにかして婚約者の座を他のご令嬢にし付……へんこうして頂こう! そう決心しウィリアム殿下が来るのを首を長くして待つしかなかった。


 り笑いで顔面の筋肉がほうかいする寸前に、ようやくウィリアム殿下が仕事を終えて、部屋へと入ってきた。

 ニコリともしない顔は、整いすぎている分余計に冷たい印象をあたえている。

 そして来たばかりのウィリアム殿下に向かって、王様が何を血迷ったのかおどろきの提案をした。

「後は若い者同士で話をした方がいいだろう? ウィリアムよ、リリアーナ嬢をお前の部屋に案内してやるといい」

 この氷男と二人きりとか、一体どんなばつですか!?

 ……といつしゆん思ったものの、よくよく考えてみれば婚約の撤回を求めるためには、うしだてのない場で本人にじかだんぱんした方が何かと都合が良いのではないか?

 ……うん、それがいい!

「よろしくお願い致します」

 そう和やかに笑顔で言えば、殿下はさんくさいものを見るような目をリリアーナへと向け、部屋のみなに聞こえるほどせいだいに溜息をついた。

「ついてこい」

 えらそうな物言いで部屋を出ていこうとしている。

 リリアーナはあわてて国王様達にあいさつをし、殿下の後を小走りで追う。

 本来は小走りだなんてはしたないことを令嬢はしないのだが。

 この王子様、私のために歩調をゆるめてくれないんですもの。つうしんであれば、女性の歩む速度に合わせてくださるものですけれど。……フゥ、ちょっと息切れが。歩み寄るという言葉をご存じないの?

 そう言ってやりたいのを我慢してみ込み、一生懸命、ただただ不機嫌さを隠そうともしない殿下の後をついていくのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る